ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

抽出って何。 6回目 抽出の方法いろいろ。

2016/12/15
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。



今日も寒くなりそうです。空模様の割に天気予報は良いですが、冬型の気圧配置が続けば暫くは大丈夫そうです。


抽出って何。の6回目 抽出の種類です。


コーヒーを淹れる器具は沢山有ります。まあ、有りすぎて何が良いのか最初は良く分からないのが普通かも知れません。


すぐ頭に浮かぶものだけでも、ペーパードリップ・ネルドリップ・サイホン・パーコレーター・フレンチプレス・エスプレッソ・コーヒーメーカー等いろいろありますが、一つ、一つをまず簡単に説明してから、本題のドリップの抽出についてお話していきます。


ドリップは最後に致しますので、最初にサイホンからです。サイホンは浅煎りのコーヒーを淹れる道具です。フレンチローストのコーヒー等を淹れても、フレンチコーヒー特有のコクや甘みを出すことは出来ません。


日本のコーヒーは、以前は浅いものが多かったので、それをサイホンでアメリカンコーヒーにするといった飲み方には適しているかも知れませんが、それ以外は、なかなか美味しく淹れられません。


昔、ランブルの関口さんが言った様に、日本のコーヒーを駄目にしたのはサイホンだというのは、今になってみると非常に良く分かります。事実、コロラドでも珈琲館でも、昔あれだけサイホンを使っていたお店で、今、サイホンを使っているお店が無い事でも、それは理解出来る事だと思います。


次にパーコレーターですが、これはアメリカ人が好きな淹れ方だったのでしょうが、基本的には野外でカウーボーイ達が飲むコーヒーを淹れる道具だった訳ですから、コーヒーが何回もコーヒーを淹れて行き、ある程度濃くなったところを飲むという道具です。アウトドアで使うには楽しいかも知れませんが、家や店で使うものでは無いような気がします。


今、流行りのフレンチプレスについては、私は、これで淹れたもので美味しい物を飲んだ事はありません。何かが間違って伝えられているとしか思えない道具です。ただ、これは人づてに聞いた話では無く、日本で、一番フレンチプレスで有名なお店の物を、そのお店で淹れて貰い飲んだ感想ですので、自信を持って言える事です。
私も関口さんに倣って、日本のコーヒーを不味くしているのは、フレンチプレスだと言いたい気がします。店のお客様に聞いても、フレンチプレスで飲んでいるという方は結構いますが、それが、本当に美味しいのと聞くと、本当に他の淹れ方より美味しいという人は一人もいません。


2021435_LL.jpg
フレンチプレス。これは結構立派なものですが、だから何。


フレンチプレスの特徴は簡単に淹れられるという事以外無いような気がします。オフイスなどで使うには仕方ないかも知れません。


次にエスプレッソですが、エスプレッソについては、マシンの良し悪しが一番大きい様な気がします。簡単そうですが、実はとても大変な仕事が伴うのではないかと思っていますので、家庭でどうこう出来るものでは無いような気がします。本当の意味でプロ用の道具であり、淹れ方であるのではないでしょうか。家庭用のエスプレッソマシンで美味しく淹れられる物は無いような気がします。


といろいろ、ごく簡単に説明してきましたが、もうこんなに長くなってしまいました。(笑)次回から、私が一番美味しいと思っている抽出法、ドリップの抽出についてお話します。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント