ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

抽出って何。 5回目 ミル(電動ミル)

2016/12/14
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。


雨は朝止んだ様です。今日も比較的不安定な天気になりそうですが、乾燥が進みすぎていたので、体には良いかも知れません。今日で店のメールセール30%OFF、は終わります。最後のご注文をお待ちしております。ウインターギフト20%OFFは年末31日迄やっております。ホームページからご注文頂けます。


今日は、抽出って何。 5回目 ミル(電動ミル)になります。


昨日は手挽きのミルについてお話しました。具体的に機種名とかを挙げませんでしたが、カリタの小型ミルでも大丈夫です。ミニミル、ドームミル等ですと、定価で4,000円位から買えると思います。それで充分使えます。ただ、大きな物程、楽に挽けるのも事実です。


今日は家庭用電動ミルのお話です。昨日もお話しましたが、コーヒーは朝が一番美味しく、又、朝飲む人が一番多いのも事実です。その為、手挽きのミルでは、朝困る事が多いと思います。


そこで、電動ミルの出番になるのですが、家庭用電動ミルは大きく分けて2種類に分けられます。一つは粉砕型と呼ばれるもので、もう一つは臼型と呼ばれるものです。


粉砕型は読んで字のごとく、豆を壊して細かくしていく物です。例えばコーヒーの道具では無いミルサー等と全く同じ考え方で作られており、構造も全く同じです。外観は筒状になっており、上に透明のプラスチックの蓋が付いており、胴体にスイッチが付いています。


上の蓋を取って豆を入れ、蓋をしてから、スイッチを入れると歯が回転し豆を徐々に壊して行きます。スイッチを入れている時間によって、豆がどのくらい壊れたが見える様になっています。ただ、毎回ちょっとした時間の違いで、粉の大きさがひどく違ってしまいます。


又、同じ時間をと思って、気を付けてやっても、歯の角度によって、上部と下部では粉の大きさが違ってしまい、なかなか一定に挽くことが出来ません。


一定に挽けないのに、一定に抽出する事は出来ませんので、粉砕型のミルを使っていると、なかなかドリップは上手くならないと説明しています。そうした意味ではとても使いづらい道具です。ただ、価格が安い物が多いので、電動ミルというと、これを持っている方は多いと思います。


もう一つが臼型の電動ミルです。これは手挽きのミルを電気のモーターで回している構造なので、基本的に粉は同じ大きさで挽けます。業務用の大型ミルはこの形が殆どです。手挽きのところで説明しましたが、上の歯と下の歯の距離によって粉の大きさが決まります。


家庭用でもこのタイプは沢山出ています。ただ、気を付けなければならないのは、家庭用電動小型ミルは、細かい所しか挽けないものが殆どです。メリタの物もそうですし、デロンギ等の物もそうです。フレンチローストをペーパーで淹れるにはある程度大きく挽かなければ美味しく淹れられません、勿論ネルドリップをする時にも使えません。


家庭用電動小型ミルで本当に小さな粉のところから、大きな粉のところまで挽けるのはカリタのC90だけです。これは、世界に類を見ない小型電動ミルだと思います。

image.jpg
カリタC90ブラック。


ただ、粉の大きさを大きく変えるときには、ホッパーを回転しながら、上に上げたり、下げたりしなければなりませんので、ちょっと注意が必要です。後は、豆がミルの中に入っていきにくいのが難点ですが、これは竹べらや、割り箸で(笑い)、豆を回しながらミルの中に入れていかないと上手く入らない事も多いと思います。


フレンチローストで油が出ている場合は特にそうなりやすいです。ただ、C90以外に家庭用電動小型ミルで大きなところから、小さなところまで挽ける道具は、私は知りませんのでこれ以外お勧めするものは無いと思っています。


多分、ヨーロッパでもアメリカでも、家庭で、手でドリップする事は、はほとんど無いのだと思います。そうした意味で日本以外、需要が無いのだと思います。


後は、家庭用電動中型ミルになりますが、これになりますと、殆どの会社の物が使えます。カリタのナイスカットミルも良い物でしたが、これは製造中止になってしまいました。今はネクストGという物を売っていますが、これはナイスカットミルの倍位の価格です。うちあたりで使っている業務用大型ミルと大差の無い価格になってしまいました。


他の会社の物はいろいろあり、まだ、価格もそう上がってはいないでしょうから、よく調べてお買いになると良いと思います。価格は、定価ですと3万円以上はしますが、このクラスになるととても気持ち良く挽くことが出来ます。


今日も長くなりすぎました。次回は抽出にはどんな方法が良いの。となります。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント