ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

抽出って何。 4回目 ミル(手挽きミル)

2016/12/13
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。



店のメールセールは明日14日で終了致します。今回は12月という事もあり、お正月の豆を買って下さる方も多く、大変賑わいました。明日で終わりですので、ちょっと、お正月には足りないかな、という追加の方も、再度の方も、ご注文をお待ちしております。


今日は、抽出って何。 4回目 ミル になります。


昨日は何故挽きたてでなければいけないの?という事に付いてお話しました。うちのお客様でも、プレゼントするコーヒーを、豆で送るのか、粉で送るのか迷う方が多いです。はっきりどちらか分かっている場合は良いのですが、どちらかよく分からない場合はとても困ったりします。


相談された時には、分からないなら、粉の方が良いですよ。と不本意ながらお答えするようにしています。ミルをお持ちでない方に豆で送るととても困ってしまうのが目に見えているからです。


ミルという道具が如何に大事かという事が、こうした事でも分かります。いつも自分で挽いて飲んでいる方は基本的にプレゼントするときも粉で送るのをためらう傾向があると思います。味が落ちるのが分かっているからです。

2649656411.jpg
笑ってしまうぐらい小さな写真になりましたが、これは多分日本で一番多く使われている業務用のミルです。うちでもこれを2台使っています。


それではミルの話に入ります。ここでは家庭用のミルの話に限定致します。家庭用のミルは、大きく分けて2種類あります。手挽きと電動です。手挽きは余り問題ないので、余り変わった形の物よりも、オーソドックスな物の方が挽きやすい様な気がします。


基本的には上の歯と下の歯の二つの歯の距離によって粉の大きさが決まるので、ダイヤルを回して行って、その距離を調整します。


上か下かどちらかの歯が固定されており、下の歯を上げていく方式の物と、上の歯を下していくものと2種類ありますので、買うときに良く確認しないと、粉を大きくしたいのに、小さくしてしまい不安になったりしますので、注意が必要です。別にどちらの方式の方が良いとかは無いと思います。


手挽きのミルは、挽いているときに鼻先に香りが強く届き、その豆が、柔らかいか、硬いかも直ぐに手に伝わって来るので(芯からふっくら焙けている豆は、基本的に柔らかいです。)、とても、良いものだと思います。


お休みの日の午後等に、一人でゆっくりコーヒーを飲むとき等にはとても適しています。あたり一面にコーヒーの香りが漂い、午後のコーヒーの時間をとても素敵なものにしてくれます。


問題は手間が掛かるという事です。時間も必要です。平日の朝の忙しい時間に手挽きのミルを使っている方は、少ないと思います。ただ、コーヒーは毎朝飲む方が多い訳ですから、そこで、登場するのが、家庭用の電動ミルです。


明日は、家庭用の電動ミルについてお話させて頂きます。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント