ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

抽出について。 二回目 豆はどんな物が良い豆なの。

2016/12/11
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。


今日も寒いですが、好天です。乾燥は大分進んでいるので、手や足や背中が痒かったりします。ローションを丁寧に塗るしかありませんが、慣れていないので直ぐに忘れてしまいます。痛いのは嫌ですが、痒いのも嫌ですよね。


今日は抽出の2回目です。


昨日は南方郵便機のコーヒー教室について書いたのですが、コーヒー教室は結構人気があります。コーヒーの淹れ方を、短時間で基本的に教えるところが少ないからだと思います。何処でも、ドリップだったら、その落とし方ばかり教えたがります。


でもそれは、最後の段階です。その前に、まず原料である豆について知らなければ話になりません。コーヒー豆は、生豆をそのまま飲む訳ではありませんので、そこに焙煎という過程が必然的に入って来ます。


焙煎は、手網から、大型の業務用の焙煎機までいろいろあります。そのどれを使うかはその人の判断になると思いますが、基本的に美味しく焙煎出来ないと言われているのは、火力の弱い焙煎機です。


電気の焙煎機が、現在ではそれに当てはまります。ただ、電機の焙煎機はオンデマンドの販売が多いので、豆は必ず新しいのが特徴です。大手の古い豆ばかり買っていたお客様はドリップで抽出する時、その膨らみ方に驚いてしまうのです。


ただ、私が豆屋っをやる人に一番よく話すのは次の様な言葉です。『良い生豆の選択・適切な焙煎・そして、それをどうやって時間を置かずに販売出来るか。』という3つの事です。そして一番難しいのは、その3つが3つ共揃っていなければいけないという事です。

IMG_1251.jpg
古くなりましたが、うちの5K釜。


電機の焙煎機の場合は、火力が弱いので、柔らかな豆を浅く煎る事は何とか出来ますが、マンデリンやガテマラの様な、水分の多い硬い豆を芯から均一に焙煎するなどという事は出来ないのです。


最終的には、鮮度だけを頼りに販売して行くしかなくなると思います。それは、飲み比べてみれば直ぐに分かる事なので、一度試してみれば良いと思います。


またまた長くなりそうですので、次回に続くと致します。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント