ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

抽出って何。 一回目

2016/12/10
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。



天気は良く、寒いけれど良い感じの休日になりそうです。明日もその状態は続く様で、嬉しい方が多いのでは無いかと思います。


今日から抽出についていろいろ考えていることを書いて行きます。うちの店は豆屋ですので、抽出したコーヒーを売っている訳ではありません。だから、どんなに美味しい豆を焙煎しても、お客様がそれをどう淹れて下さるかによって、その味は大きく違ってしまいます。


そうした事を少しでも避けるため、当店では、27年間で、もう200回を超えるコーヒー教室を行って来ました。最初は店の営業時間中にやっていたのですが、店が混んで来ると、買いに来たお客様にも、又、コーヒー教室を受けて下さっているお客様にもご迷惑をお掛けする様になってきたので、閉店後、午後7時30分から、2時間位で行う形になっていきました。その形が一番長く続いた様な気がします。


その後、お客様から、自分で淹れられるコーヒー教室をやってほしいという要望が出て、今度は店の近くの府中市民会館ルミエール府中という所の、調理実習室を借りてやる様になりました。


店でやったコーヒー教室ではご自分で淹れて頂く事は出来なかったので、これはこれで結構人気がありました。


店で閉店後やるコーヒー教室と両方を併用して、この形で随分長い事続けた様な気がします。現在は府中ではやりつくしてしまった感もあり、コーヒー教室そのものをどうするか、考えている所です。来年には違う場所での開催を含め復活したいと思っています。


コーヒー教室では、いろいろな事をお話ししますが、一番最初にお話しすることは、例えばドリップの場合、落とし方だけを覚えても、いつもコンスタントに美味しいコーヒーが淹れられる訳ではありません、という事です。

coffee_class_006.jpg
大きな一つ穴のペーパードリッパーでの抽出。


コーヒーを、コンスタントに美味しく飲み続ける為には、コーヒーについての基本的な知識が不可欠だと言うのが私の考え方です。じゃあ基本的な知識というのはどんな事なのという事になって来るとおもうのですが、それはこうなります。


1・コーヒー豆についての知識。(これは産地による豆の味の違い等では無く、どういう生豆をどういう風に焙煎し、どの位経ったものが美味しいの、というコーヒー豆についての基本的な知識です。)


2・次にグラインドといいますが、豆をどんな機械でどんな風に挽けば良いのかという問題です。ミルの種類についても詳しくお話しします。


3・そして最後に抽出の話になります。抽出にはどんな方法があるのか、又、それぞれの抽出の特徴とは何か、そして最後に、私がお勧めする大きな一つ穴のペーパードリッパーを使った抽出の実際に入ります。


結構長くなりますが、これを読んで頂ければ、ご家庭でとても美味しいコーヒーが飲める様になると思っています。年末年始にご自宅で美味しいコーヒーを飲みたい方は是非ご覧下さい。忙しければ、お休みの日に時間のある時にでも、纏めて読んで頂ければ大丈夫です。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント