ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

開店指導の現在

2016/11/27
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。



昨日は良い天気になりました。店はセール2日目という事もあり、大変賑わいました。金曜・土曜と賑わいましたので、今日も期待したいですが、夕方から天気は崩れて来そうです。早い時間の売り上げがとても大事な日になりそうです。


今日はここの所余り、書いてこなかった開店指導を受けている方の、現在の動きについてです。


Mさんは、その中でも一番早く店を見つけました、京王井之頭線久我山駅徒歩3分といった場所です。良い場所に見つかったのですが、何しろ契約が出来るのが来年3月という条件なので、結構先の様な感じもしますが、その位の時間ですと、準備をやれるだけやっておこうと思えば直ぐに経ってしまいます。


ホームページ・ブログの準備をする。早ければどちらも始めてしまう。店の内外装を徹底して考える。出来れば、ショップカードやポイントカードも作ってしまう。等、考えればきりがないですが、時間を無駄にしない様にすることがとても大切になってきます。


もう一人のOさんは先日、店が決まりました。こちらは同じく京王井之頭線永福町駅から4分位の所です。2階付の面白い物件ですが、こちらの方が開店は早くなりそうで、3月には開店出来るかも知れません。


このお二人は、どちらも1K釜での仕事になります。出来るだけ開店費用掛けを掛けず、初期の段階で古い豆を売らなくても済むように、私の方ではここの所1K釜を進める事が多くなってきています。


勿論、最終判断は自分でする訳で、お釜も1K、3K、5Kといろいろある訳ですが、それぞれに長所・短所があるのは当然です。1K釜の場合それで間に合わなくなったらどうするのという事になると思うのですが、その位売れてくれば仕事としては何でも出来るというのが私の考えです。


『最初から売れた時の心配ばかりしていても仕方ないよ。』と私は考えますが、皆、先の事ばかり考えるのがある種の習慣の様になっています。スモールビジネスとして小さな豆屋をやる訳ですから、今、一番良い方法を選べば問題は無いと考えています。


1K釜での焙煎が上手く出来ないのなら問題ですが、1K釜でも、マニュアルをしっかり作ればきちんと焙煎出来るのは、私も実際やってみた訳ですから、問題無いと思います。

1433468755070.jpg
小さな店といっても出来るまでは大変。でも、それが一番面白い。初台のホサキン工房。


Mさんは小田急相模原沿線に物件を探しているのですが、この間、私も物件を見に行きましたが、なかなかお金も掛かりそうで、難しそうな物件でしたが、今の所まだ決まってはいません。年内には決めたいのでしょうから、私ももう一度お会いして、いろいろお話を聞かなくてはならないと思っています。


もう一人のNさんは、なかなか良い物件に巡り合わず、近頃も、京王井之頭線辺りを良く探しているようですが、決定には至りません。ただ、その辺りは前述のお二人が探し尽くした後ですので、私としては出来るだけ広い範囲を探してみる事をお勧めしています。


Tさんはカフェ付の物件を探していますので、これは、物件探しに難渋しています。15坪前後、1階、駅近等という物件がおいそれと見つかる訳もないので、相当範囲を広げて又、徹底的に探さないと物件は出てこないと思っています。


あとの方達は、いろいろな理由で、多分来春の開店は難しいと考えています。早く開店した方が良いのは当たり前ですが、人それぞれ理由もあり、そうやすやすと開店出来る訳でもありません。


昨日、久しぶりに以前から開店指導のオファーのあった女性からメールがあり、開店指導を受けて下さるという事でした。彼女は長野県松本市付近でやりたい様で、私としてはとても楽しみにしています。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント