ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

焙煎について 8 ブルーオーシャンって何!

2016/11/22
category - コーヒー
コメント - 0
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
クリックしてね


今日は地震・津波から始まる一日になってしまいました。毎日細かい雨が降ったり、明後日は11月にも関わらず、雪という予報です。日本の自然環境は相当おかしくなってきているのを感じます。


今日は 焙煎について 8 ブルーオーシャンって何! です。


皆さんは美味しい深煎りのコーヒー豆を売っている自家焙煎珈琲豆店を幾つ知っていますか。多分そんなにご存知ないと思います。実際、自家焙煎のコーヒー豆店で美味しい深煎りコーヒー豆を売っている所はとても少ないと思います。


浅煎りが中心で、中深煎りがせいぜいという所が殆どだと思います。うちは半分以上がフレンチロースト(深煎り)です。場所も山手線の内側などでは無く、京王線府中駅から、7分位歩いた住宅地の中です。


そこで豆屋をやっていても売り上げの中心はフレンチローストです。そしてその形だったからこそ逆にここまでやって来られたのだとよく思います。基本的にコーヒー豆屋をやる人は、お客は深煎りコーヒーなど飲まないと思っている人が多いですし、自分自身も美味しいフレンチコーヒー等飲んだ事がない人が殆どです。


IMG_0202.jpg
コーヒー教室も深煎りコーヒーの美味しさを知って頂く為にはとても大事です。
これは先日、千葉県稲毛市のマンションでやらさせて頂いたコーヒー教室の写真です。



深煎りなど、アイスコーヒーやカフェオレ用の豆だと思っている人が大半です。でもそれは私にとってはとても有難い事実です。お客様は美味しい深煎りのコーヒー豆を探している方が多い訳ですから、そこには仕事を伸ばして行ける条件が揃っていると私は考えています。


アメリカの仕事のやり方の話に、<ブルーオーシャン>・<レッドオーシャン>という言葉があるのを知っていますか、<ブルーオーシャン>は戦いの無い静かな海。<レッドオーシャン>は戦いだらけの血だらけの海です。


日本では、基本的に浅煎りの豆が多い訳ですから、浅煎りの世界では、当然、価格にしろ、販売方法にしろ、激しい戦いが繰り返されています。一方、美味しい深煎りのコーヒー豆を売っている所は圧倒的に少ない訳ですから、ここは、なかなか競争が起こる場所ではありません。


あなたは、競争の多い所で、仕事をしたいですか、それとも競争の少ない場所で仕事をしたいですか、答えは決まっていると思います、誰だって競争の少ない場所で仕事をしたいと思うはずです。


ただ大事なのは、幾ら競争が少なくても、そのコーヒー豆自体が魅力を持っていなければ、その競争にすら加われないという事だと思います。じゃあどうやってそうした豆を作るのか、そこが仕事の中心課題になるはずです。


今日も又、書きすぎて、何故か、パソコンのワードも具合が悪くなってきました。(笑い。)


又、明日に続きます。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント