ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

FC2:ブログ 焙煎について 5 焙煎って何。

2016/11/19
category - コーヒー
コメント - 0
                         

にほんブログ村
クリックしてね。


今日はせっかくの土曜日なのに、寒く、又、小雨も降っています。今日はブログを書くのが遅れてしまいましたが、昨日の夜、遅くまで、ウインターギフト関係の印刷に追われていて、今日は、午前中なかなか体調が良くなりませんでした。


今日は焙煎について 5 焙煎って何! になります。


それからは、数々のスランプや不調もありましたが、豆は問題なく焙煎出来る様になりました。ただ、そこで一番気づいたのは焙煎ばかりに力を入れても、それ以上は美味しくならないという、今考えれば当たり前の事実です。


焙煎がどうやら出来る様になった時は嬉しくて、これからどんな美味しい物が焙煎出来るのだろうと思っていたのですが、そういう風にはならないと思えて来ました。結局は原材料である、生豆が凄く大事なのだと思えて来たのもこの辺りです。


考えてみれば当たり前ですが、焙煎が出来ない頃は、そうした事実に、気が付き様がありません。いつも同じように焙煎出来ない訳ですから、その豆が良い豆かどうかを判断することも出来ません。


ただ、豆がきちんと焙煎出来る様になり、それを更に美味しくしようと思っていても、焙煎だけで、そこまで美味しい珈琲豆にはなりません。こう書くとがっかりされる方も多いと思うのですが、焙煎は手品ではありません。


私はコーヒー教室の時も何回も言うのですが、抽出も手品ではありません。抽出も同じで、悪い焙き豆から、美味しいコーヒーが取れないのと同じで、良く無い生豆から、美味しい焙煎豆を作る事は出来ないのです。


1337678506145575.jpg
私の一番好きな写真。うちの直火の5K釜を撮ったものです。



その辺りで、私の豆屋としての立ち位置を確定する言葉も決まって来た様な気がします。
その頃から、私の店のショップカードや、ホームページのトップに次のような言葉が多くなって来ます。


『美味しいコーヒー豆を販売するには、次の三つの事が必要です。一つは良質な生豆の選択、もう一つは適切な焙煎、そして、それをどうやって早く販売出来るかという、販売の問題です。そして、一番難しいのは、その三つが三つとも揃っていないと、美味しいコーヒー豆は販売出来ません。だから、美味しいコーヒー豆を売っている店はとても少ないのです。』


ただ、新鮮という事の内容は、焙きたての豆が美味しいという事ではありません。新鮮と言うのは焙いた当日の豆の事では無く、もう少し経ったところです。例えばうちの店のフレンチローストだと、焙煎後1週間経った位が一番美味しいと思います。ただ、そういう細かい注釈を抜きにすれば、私の、コーヒー豆やコーヒー豆店に対する言葉はこの辺りで確立された様な気がしています。


今日も、お休みの日なのに、又、長くなってしまいました。(笑)明日に続くと致します。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント