ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

焙煎について。 3  マンデリンフレンチが焙けた。

2016/11/17
category - コーヒー
コメント - 0
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
クリックしてね。



昨夜は、店のお客様のHさんと飲みました。頂いた名刺を見る限り、Hさんは本来、結構偉い人なのかも知れないと思うのですが、まあ、その辺りは人の会社の事なので良くは分かりません。誰でも、お店へ来たときは、分からないのですが、会社では偉い人も多いのかも知れません。


今日は、焙煎についての3となります。


3年間ただひたすら焙煎し、焙煎は徐々に出来る様になっていったのですが、その中でとても嬉しかったのは、マンデリンフレンチが美味しく焙煎出来る様になった事です。マンデリンは、焙煎に関しては結構難しい豆かも知れません。


豆粒は大きく、水分を沢山含んでいます。また、柔らかい様で硬い豆なので、そんなには上手く焙煎出来てはいませんでした。ある日、火力を上げて見ようと思い、火を大分強くしました。


そうして焙き上がったマンデリンフレンチは、とてもふっくらとしていて、香りも強い物でした。飲んでみても、とても柔らかく、独特の苦みとコクがありました。これがマンデリンフレンチの特徴です。


その頃、うちではゴールデンマンデリンという超高級なマンデリンを焙煎していたのですが、それまではそんなに美味しくは焙煎出来ていなかったのです。火を強くするのが怖かったのだと思います。


そして、そのマンデリンが美味しく焙煎出来た時、私は『一生これで食べて行ける。』と思ったのです。人が自分の仕事で『一生これで食べて行ける。』と思える瞬間はそんなに多くは無い様な気がします。それからコロンビアシティがとても美味しく焙煎出来、この2つで、初期の南方郵便機はお客様を増やしていけた気がします。


1469491479605.jpg
これは、長谷川さんの店、リブロ珈琲の現在の富士ローヤルの直火の5%K釜。うちの店のとは大分違います。



ただ、ブラジルだけは、その焙煎方法ではなかなか上手くは焙煎出来ず、何となくそのままになっていたのですが、それも解決出来る日がやってきました。


またまた、長くなりそうですので、次回に続くと致します。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント