ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

今日は氷川下10番地の苅米さんのコメントです。

2016/10/15
category - コーヒー
コメント - 0
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
クリックしてね。


昨日はリブロ珈琲の長谷川さんのコメントを掲載させて頂きました。


今日は茗荷谷の氷川下10番地の苅米さんのコメントをアップさせて頂きます。苅米さんのお店<氷川下10番地>は長岡の<リブロ珈琲>とは違い、豆屋(自家焙煎珈琲豆店)です。豆屋にしては大きな立派なお店で、ファサード等はとても素敵に出来ています。

1466746340346.jpg
氷川下10番地の看板。この看板は何処に行ったの。


開店した時の売り上げも、うちの開店指導店では一番凄かったです。今はもう、うちへ来た頃とは違い、驚くほど元気になられました。漸く気温も下がり、いよいよ苅米さんの実力発揮の時がやって来ます。


苅米さんから頂いたコメントです。


『皆様、はじめまして......

私、南方郵便機、高橋様の元で珈琲教室、カフェ講座、開店指導を受けた後、今年の7月に文京区、茗荷谷にて珈琲豆屋として開業させて頂きました「氷川下十番地」の苅込と申します。


この文を目にする、読まれている方は恐らく今後、近い将来、豆屋、自家焙煎カフェの開業を御考えの方が多い事でしょう......


その上で、何処で専門知識を学ぶのが良いのか?を悩まれているのかな......?
そこで実際、南方郵便機、高橋様の指導を受け開業した経験談?を少しお話させて頂きます。


2年あまり前に転業を考え始めた際に、たまたまネットで目にしたのが南方郵便機の開店指導......


先ずはメールで資料請求、次に不明な点、疑問に思う点を実際に高橋様と会って伺い、納得した上で開店指導スタート。


私は珈琲を淹れて飲む習慣すら持たない、全く知識も経験も無いド素人、異業種からの参入で御座います。後に聞いた情報ですと、他所でも焙煎を指導して頂けるところは多々ある様ですが......


先ずは焙煎機の操作を知る、覚える事から.....
数十秒、数秒、此処って言うところで火を落とし、釜を開けて豆を排出する一連の動作を頭、理屈では理解出来ても、身体で覚える、スムースに動ける様になるには数か月......
やっと、それが身に着いたと思える頃に......


私、脳梗塞を発症、御蔭様で後遺症という後遺症は残りませんでしたが日常生活すら満足にこなす体力も失ってしまい、研修に戻るまでに数か月の日々が経過......
その頃には、せっかく身に着いた技術も、身体は半ば忘れかけ、また一からのスタト......


同期の研修生達が卒業、開業していく中、一人取り残された感......
後から入って来た研修生の方が習熟、オチコボレ感.......


それでも何とか操作面は又、身に着きましたが、焙煎と言うのは......
僅かな豆の変化を瞬時に見極める事が出来る様にならないと、火力や排気のダンパー操作を、どのタイミングですれば良いのか判断出来ません。温度計、ガス圧計等の計器は付いておりますが.......


1釜目と数釜目とでは釜の真の温まりは計器上では同じでも微妙に異なるもので......
豆と釜、それぞれと会話が出来る様にならねば......
僅か数回の指導では身に着くものでは御座いません......


そんなこんなのオチコボレの私は.....1年半もの長期の研修生。でも見捨てず、辛抱強く指導して頂き、この度、無事に開業......


この場をお借りしまして......
高橋様、奥様、アルバイトスタッフの皆さんへ
長い間、大変、お世話になりました。
ありがとう御座いました。


解らない事、壁にぶち当たったら......
また直ぐに御邪魔します、聞きに伺います!(笑)』


丁寧なコメントありがとうございます。
お忙しいところ、お時間を取らせてしまい申し訳ありませんでした。
又、近いうち伺います。

スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント