ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

セール最後の3日間は晴れになりました。

2016/04/28
category - コーヒー
コメント - 0
                         

にほんブログ村
クリックしてね。


今日は、東京は雨。明日も雨の予定でしたが、何と晴れに変わりました。ツイテいる気がします。天気予報が当たれば、一番売れる、セール最後の3日間は晴れになります。


小さな店をやっていると天気ばかりが気になります。開店指導を受けている人達も、私が天気ばかり気にしているので、皆笑っているのですが、いざ自分が店を始めると、決まって明日の天気を気にしだします。


小さな店をやるというのはそういう事なので、天気も、売り上げも気にならず、何か中国の大人(たいじん)の様にゆったりしていたら、店は直ぐにつぶれてしまいます。


そういう人は宮内庁へでも勤めれば良いので、私のような下々はただただ、毎日の天気を気にし、焙煎したコーヒーの味に一喜一優し、どれだけお客様が来てくれたかを心配そうに、レジの記録紙を何度も出し、それを確認するのが、自分の人生というものです。


でもこういうのは、向いている人と向いていない人がいるのは当然で、もっとゆったり人生を送りたいと思ったら、こんな小さなスモールビジネスなど目指さず、山小屋でも建ててそこで、一生暮らすのが良いかもしれません。


今日は珍しく<ホサキン工房>の保坂さんに電話してみましたが、元気でした。こう書くと何か嫌そうに聞こえるかもしれませんが、本当にいつも元気なのです。(笑)

1461830077341.jpg



とても忙しいと思うのに、次から、次へといろいろ考え、それを実行に移し、休む所を見せません。こういう人は基本的に小さな店をやっていくのに向いています。


ただ、女の人の場合、開店時のリスクを取れない人が多いので、そういう意味では自分のお店を作る人は少ないですが、保坂さんはそのどちらも兼ね備えていたので、これから、ますます良くなってくるに違いありません。


『出来るだけ外注に出したほうが良いよ。ドリップバッグを手詰していたら、体が持たないよ。』と言って電話を切りましたが、きっと全部自分で詰めてしまうんだろうなあと思います。平気なのかも。


5月1日(日)にセールが終わった後、5月2日から5日(こどもの日)まで、店は連休となります。宜しくお願いいたします。


取り敢えずこのブログをこちらへ引っ越す準備をしています。
http://nanpou1616.blog.fc2.com/
読んで下さっているお客様には申し訳ありませんが、こちらをご覧ください。


スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント