ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

日曜日はオフイスにMさんご夫婦が来てくれました。

2016/10/11
category - コーヒー
コメント - 0
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
クリックしてね。


昨日から、急に気温が下がってきました。本当に気持ちの良い秋の日などなかなか無く、夏が終わったら、もう冬という感じの気温の下がり方です。長袖のシャツ一枚で、外を気分良く歩ける様な日は、今年は来ないのかも知れません。今に、季節は2つしかなくなり、夏と冬が繰り返されるだけになってしまう様な気もします。


一昨日の日曜日はオフイスにMさんご夫婦が来てくれました。Mさんは、現在、滋賀県にお住まいで、奥様が夏休みのカフェ講座に来て下さいました。


旦那様は初対面でしたが、とても気持ちの良い方で、3月に、ご実家に戻られた後、J市でお店を始めたいという事でした。いろいろお話をさせて頂きました。


それまでは、奥様が月に一度、東京へ来て焙煎を習い、何とかモチベーションを保ちたいというお話しでした。夏休みのカフェ講座からは初めての開店指導のお客様になりそうです。


その後、南方郵便機の店を見てみたいという事で、お二人で、見に行って下さいました。丁度、日曜日で、焙煎の練習に開店指導を受けているTさんが来ていらっしゃいましたので、その様子を見て頂いた様です。


1466127329756.jpg
始めて店舗を見に行った頃のリブロ珈琲。まだ、雪が残っている頃でした。


長岡のリブロ珈琲が上手く行けば、そうした地方都市で、豆屋やカフェ付の豆屋を始めたい人は増えて来ると思っています。季節も、秋が来て、コーヒーの事を考えるには最適な季節になってきました。


来週の土曜日(15日)から、<初秋のカフェ講座、豆屋1K釜を中心に。>が始まります。南方郵便機のホームページにご案内がございます。まだ、空きはございますので、お申込み下さい。とても面白く、又、人生を変えるきっかけになるかも知れません。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント