ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

秋のカフェ講座<1K釜を中心に。>は間もなく開講になります。

2016/10/05
category - コーヒー
コメント - 0
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
クリックしてね。



今日は超大型の台風という事で、用心していた方も多いのでは無いかと思いますが、少し進路がずれたおかげで、午後少し雨が降る程度で東京はたいした事は無さそうです。


今週の日曜日には、滋賀県から開店指導のご相談にMさんご夫婦がお見えになります。Mさんは奥様が夏休みのカフェ講座に出席して下さった方です。遠くから、多分泊りがけで来て頂いた様なので、その熱心さは良く分かります。


『又、ご連絡します。』という事で、ご自分の方の状況を整えていたのだと思いますが、先日メールを下さり、『9日(日)の日にオフイスへ伺います。』というお話しで、午後1時から新宿オフイスで会ってお話する事になっています。


先日もお話ししましたが、夏にお会いしたTさんも『開店指導を受けたい。』というお話しで、あとはお会いする日を決めるだけとなっています。


やはり秋にならなければ、いろいろな事は動き出さないのだなあというのが実感ですが、そうこうしているうちに、もう秋のカフェ講座の開催まで10日になってしまいました。時間はたちまちのうちに過ぎてしまい、気を付けないと準備不足になってしまいます。


今回の秋のカフェ講座は、<1K釜を中心に。>という事でやらせて頂きます。スモールビジネスとしての豆屋を考える時、出来るだけ開店資金を少なくし、小さなお釜で、より新鮮なものを販売出来る形態というのを試行するなら、1K釜の豆屋というのは理にかなっていると思います。


何しろ出来上がりの量として、一度に600gしか焙煎できないので、古くなった豆を売る心配も、捨てる心配もなくなると思いますので、初期の頃の店を、どうやって運営していくのかという心配も殆ど無くなります。更に、店も3坪以上あれば大丈夫ですので、店舗探しもカフェ等よりずっと楽なのではないかと思います。


これには、モデル店舗があり、京王線上北沢駅のホーム前にある、<フラクタル>(旧南方郵便機 上北沢店)がその店に当たります。現在のオーナーは女性で、もう15年は営業しています。

1466841001638.jpg
フラクタルは現在も盛業中です。



豆もとても美味しく、その上たった一人で、だれも雇う事なく営業しています。更に週休2日だという事です。3K・5K釜で消煙機を付けると、焙煎機関係の経費だけで400万円近く掛かってしまう現在、スモールビジネスとしての<豆屋>を目指す方にとっては
なかなか魅力的な仕事といえると思います。特に女性に向いている様な気はしています。


秋のカフェ講座<1K釜を中心に。>は10月15日(土)・10月22日(土)の2日間南方郵便機新宿オフイスで開催いたします。奮ってご参加下さい。詳しい内容はホームページにございます。このブログの右側にリンクがございます。
スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント