ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

今日は、カフェ講座についての、もう一通のご感想を掲載させて頂きます。

2016/09/11
category - コーヒー
コメント - 0
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
クリックしてね。


昨日は珍しくブログを書きませんでした。用事があって出かけたのですが、帰ってから書こうと思っていたのですが、帰って来たらもう夜の11時になっていました。


まあ、いろいろあり書けない日もあるのは不思議ではありませんが、毎日書く習慣になっていると、書かないと何故か気持ちの悪いものです。


今日は、もう一通頂いていた、夏のカフェ講座<豆屋>の御感想をアップさせて頂きます。ホームページにアップしようと思っていて、その様にご返事もしておいたのですが、ホームページの更新は遅れそうなので、今回、アップさせて頂きます。ご本人の了解は取ってあります。


1469325212302.jpg
夏のカフェ講座からだいぶ経ちました。秋のカフェ講座も始まります。


Kさんは、夏のカフェ講座に奥様と2人でいらして下さいました。家に納屋があり、出来ればその納屋を使ってカフェが作りたいというお話しでした。納屋を持っている等というのは羨ましい話ではありますが、実際、その納屋を見た事が無いので、その事については何も言えません。上手く使える様な物であれば良いですが。


南方郵便機 高橋様

Kです。

先日のカフェ講座の開催、また 下記メールいただきまして ありがとうございます。

返事が遅くなり 失礼いたしました。

先日のカフェ講座は、大変興味深く受講させていただきました。

夫婦ともどもコーヒー好きで、市販のレギュラーコーヒーから自家焙煎豆屋さんのコーヒーを飲むようになりました。

そのうちにコーヒーへの興味を持ち、いくつかの焙煎教室に参加すると、焙煎への興味が膨らんできました。

さらに、好きなコーヒーの香りに包まれ、興味あることで生計を立てること→自家焙煎豆屋の経営へと興味が発展し
今回の受講となりました。

講義の内容は、自家焙煎豆屋への興味を膨らませるものであり、また 講義中の 受講者も交えた雑談(?)では
講義内容の隙間を埋めるいろいろなお話を伺うことができたと思います。

商売として豆屋を始めるにあたり、どのような店にするか? 改めて考えるヒントのようなものが得られた気がいたします。

また、いろいろなカフェへ行ったり、いろいろな豆屋のコーヒーを飲んだりしていない私どもにとって、商売として豆屋を始めるにあたり、自分の味覚:感覚で受け入れられるもの=買ってもらえるコーヒーが作れるか?不安がありましたが、今回の講義や雑談で、少しではありますがその不安が薄れておぼろげながら前が見えてきた思いがいたします。


さらに進むにはどうしたら良いか? 自分はどうしたいか? 今回の受講は、改めて考えるきっかけになりました。

受講時にいただいた豆で淹れたコーヒーは、ほのかな甘みが感じられました。今まで飲んだことのない味わいで、コーヒーの世界の広さに 新たな興味がわいてきました。ありがとうございました。
                                                K

追伸
 夫婦一緒に焙煎させていただけるとのこと ご確認いただきまして ありがとうございます。
 近いうちに貴店にも伺ってみたいと思っております。


以上です。ありがとうございました。

スポンサーサイト
                                 
                                      

コメント

非公開コメント