FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

豆屋を始める時にも、それなりの知識は必要です。

2018/02/28
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


何か今日の夜から、東京も大荒れの天気の予報です。こうして春が来るのでしょうが、それまでは、まだいろいろありそうです。


風邪も何とか先が見えて来たような気がします。無理してスポーツクラブへ行き、軽い運動をしたのが良かったかも知れませんが、まだまだ予断は許せません。


IMG_1928.jpg
奈良県香芝市のにしかぜ珈琲豆店。Sさんの奮闘もあり、とてもよく売れて来ました。


昨夜は、奈良県香芝市の<にしかぜ珈琲豆店>のSさんと、暫く振りに長話をしました。Sさんの近くの豆屋さんが、店に来てSさんといろいろお話した様で、そうした話題でした。


いろいろ上手く行っていない様で、余り他所のお店の事ですので書けませんが、Sさんの周りの豆屋さん2・3軒は上手く行っていない様子です。理由はいろいろ違うかも知れませんが、基本的な理由は同じで、開店前にきちんとした準備をしていない様に思えます。


多分、皆、自己流で開店し、そのまま営業しているのではないかと思います。当然コンセプトも出鱈目で、味も悪く、何となく素人のままなのだと思います。


豆屋はそうした形で開店してしまう人がとても多い業種です。高校や大学へ入るのですら塾や、家庭教師や、予備校へ通うのに、これから店を一軒やろうとする人がどうして、誰にも教えて貰わず、何の準備もせずに開店してしまうのかは、七不思議の一つですが、それでうまく行く事はまずありません。


何か世の中を甘く見ている様な気がします。この間も書きましたが雑誌<ウエッジ>等でホワイトカラーの働き方が幾ら問題になっても、自営業を始める人がその程度の考えなら、お勤めに絶対にかなうはずはありません。


だからいつも独立などしては駄目だという話になってしまうのです。豆屋で言えば、ドイツのブロバットやオランダのギーセンを幾ら買い求めても、それで豆屋が上手くやれるわけではありません。又、その時々の流行に乗って、店を作っても、仕事にはそれぞれそれに適した場所があるのも、又、間違いのない事実です。


現在で言えば、超浅煎りの豆屋を、普通の住宅地でやっても、殆ど失敗します。そこにはお客様が何を求めているかを理解しようとしない、貧しい発想や、考え方があるだけです。
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

昨日は、Wさんご夫婦とお会いし、開店指導のお話をさせて頂きました。

2018/02/26
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日も曇りの様です。寒いです。昨日は開店指導のお話で、新宿でWさんと会いましたWさんの奥さんも一緒です。


新宿は凄い人出で、どこのカフェも満員です。映画館の地下の<ブルックリンカフェ>というブックスカフェがどうにか入れそうだったのですが、やはり満員で、スタッフおお姉さんの配慮でどうにか席が取れました。


IMG_2214.jpg
新宿のビル街。街はいつでも人が多く忙しそうです。でもそれが街の魅力です。


こんなに混むなら。カフェの経営は難しいとは言え、カフェだって楽に営業出来そうですが、毎日そういう訳でもないとは思います。


Wさんは、去年行った<今年最後のカフェ講座>を受講して下さり、無料オプションの焙煎見学にも来て頂きました。先日、開店指導を受けて下さった、Iさんと同じ形です。


満員の店内で、2時間程、詳しいお話をさせて頂き、お別れしましたが、近いうちにご返事を頂ける事になっています。


土曜日は、春のカフェ講座の第一回目を吉祥寺でやりました。きちんと前日までにテキストの印刷を終えていたのですが、何と、着いてみるとテキストの数が足りません。持って出る時に、残す分と、持って出る分を間違えたのだと思います。


急遽、コンビニでコピーし間に合わせましたが、開始が30分程遅れてしまいました。皆さんに手伝って頂き、どうにかなりましたが、初めて受講される方は驚いたと思います。受講者が急に増えて一部足りないとかは、以前にも有った様な気がしますが、こう言うことは始めてですので本当に驚きました。


受講者の方には、ご迷惑をお掛けして申し訳御座いませんでした。この場を借りてお詫びいたします。


カフェ講座自体は、少し忙しくはなりましたが、すべてのお話を滞りなくさせて頂きました。来週はいよいよ2回目になります。<自分の店を作るには>という事で立地・焙煎・内外装・借入金の問題・宣伝・インターネット通販などについてお話させて頂きながら、<開店指導>についてのお話もさせて頂きます。講座は、次回は全て満席です。


まだまだ、寒いですが、こうやって、ばたばた、やっているうちに春が来るのだと思います。
                                 
                                      
            

いよいよ明日から<春のカフェ講座>が始まります。

2018/02/23
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は昨日よりは暖かそうです。なかなか、春は来ませんが、今、少しの我慢なのかも知れません。いよいよ明日から<春のカフェ講座>が始まります。昨日は一日中テキストに手を入れて、全てのテキストを印刷しました。


IMG_1251 - コピー - コピー - コピー (2)
富士ローヤル。5K直火。


テキストの最後に、ご挨拶を書きましたので、ここに掲載させて頂きます。



最後に。


これからの日本の社会と仕事はどうなってゆくのか。


日本は大きな曲がり角に来ているような気がします。<ウエッジ>という経済トレンディ雑誌でも、最近、特集を組んでいましたが、ホワイトカラーの仕事や環境が大きく変わって来ているという内容でした。


皆様もご存じだと思いますが、大手都市銀行はここ5年で、店舗数を三分の一にするそうです。当然働く人の数もそれに比例していく訳で、一番変わらないと思っていた銀行でさえ、そうなって行く訳ですから、他の業種は言うに及ばないのではないでしょうか。


おかしいのは決して不況では無いという事です。大企業は好況の真っただ中です。真っただ中でこうなって行くと言うのは、もう元へは戻らないという事を示しているようにも思えます。


もともと若い人の、退社率は相当に高かった訳ですから、人々が、今の社会や働き方に満足していないのは自明の事の様に思えます。


うちの開店指導を受けて開店する方も、大手の会社員や、国家公務員等、本当にいろいろになって来ています。皆が憧れる会社に入ってみても、そこで、本当に納得の行く人生を送るのは難しくなって来ているのは、いやでも感じられます。


昔から、会社や役所を辞めて独立していく人は、それなりにいたのだとは思いますが、現在の動きはそうした事を超えた、社会の根底からの動きである様に思います。良い高校→良い大学→良い会社という、日本の社会の流れに、本当は疑問の目を向ける時が来ている様な気がするのは、私だけでは無いのだと思っています。


ただ、現状では親は殆どサラリーマンです。だから子供達にサラリーマン以外の人生を示唆することは殆ど不可能です。解らないからです。だからどうしても、良い高校→良い大学→良い会社というワンパターンを親子で繰り返していく事になって行くのだと思います。


これから価値観は個人の生活に移って行きます。収入の多可と、安定という言葉だけで、人生が終わってしまうのは、余りに切ないと私は思います。好きな仕事を自分で立ち上げ、全てを自分で決定し、自分の人生を作って行くのは何よりも素敵な事です。


そうした事を可能にするのは、普通の人間にとっては、自営業だけでは無いかと思っています。


そうした意味では当店の開店指導も、余りに微力ではありますが、世の中の動きに対応しているのだと思います。


大分長くなりましたので、この辺で終わりにしたいと思います。今後とも南方郵便機を宜しくお願い致します。
                                 
                                      
            

春のカフェ講座は満席になりました。

2018/02/21
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は一日曇りの予報です。これからこうした日が多くなりそうですが、まだ、花曇りという時期では無い様な気がします。早く暖かくなってくれれば良いですが。


昨日は、春のカフェ講座は後、残りお一人様と書いたのですが、あれから直ぐにホームページからのお申し込みがあり、春のカフェ講座は満席になりました。


やはり、春は何かを始める時期なのだと思います。入学式も春ですし、NHKの通信講座も、春と秋ではテキストの売り上げに相当大きな違いがあるようです。冬の間考えていた事を、春になったいま、始めたいという人は多い様な気がします。


昨日も書きましたが、春のカフェ講座は、第一回目だけ後3人様が入れる余裕があります。それは、2回目だけのお客様が3名いらっしゃるからです。どんな雰囲気か、何を話すのか興味のある方は、一回目だけでも充分その雰囲気は分かって頂けると思います。

IMG_2224.jpg
2017年度版、開店指導のご案内。


ただ、カフェ講座→開店指導の方の割合が多いとは言え、50%から60%位です。その他の開店指導を受けられる方は、ホームページやブログを見て直にご連絡頂き、カフェ等でお会いしてお話しさせて頂いています。


そこから、話が進む方と、そこで終わりになってしまう方もいて、いろいろですが、私はいつでもお会いしてお話させて頂いています。お会いして話をするのは、当たり前ですが、全く無料です。


ご連絡をお待ちしています。


ご連絡は南方郵便機のホームページ http://www.nanpouyuubinki.comから
Eメール tempo@nanpouyuubinki .com
店電話  042-335-5292
どの連絡方法でも大丈夫です。

                                 
                                      
            

春のカフェ講座は後1名様で満席です。

2018/02/20
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


湯河原から帰っても、風邪はなかなか治りません。ただ、大分よくなって来ましたので、春のカフェ講座には万全の態勢で挑めると思います

春のカフェ講座は、今週の土曜日に開講です。開講迄、後5日になりました。今回も会場は大きな所を借りなかったので、12名の定員ですが、昨日、お一人様が受講確定となりましたので、現在11名様の受講が確定しています。定員まで後一人となりました。


ただ、3月3日(土)だけの方が3人いらっしゃいますので、2月24日(土)の分はまだ余裕があります。24日(土)だけをご希望の方はご連絡下さい。

今回も、初回(2月24日)は、<カフェと豆屋>の違いについてお話しながら、日本の現在のコーヒーの世界の中で、個人として営業するには、カフェであれ豆屋であれ、どんな業態が可能なのかについてお話させて頂きます。


IMG_0595.jpg
前回のカフェ講座のテキストです。今回の物はこれからもう一度手を入れ作ります。


豆屋希望の方だけでなく、カフェを目指している方も是非聞いておいた方が良い話ばかりだと思います。何故、個人店のカフェはなかなか上手く行かないのか、どうして、一回目の不動産の書き換えで店を閉めてしまう方が多いのか、出来るだけ分かりやすく説明しています。


2回目(3月3日・ひな祭り)の日は<自分の店を作るには>という事で、店を作る時に必要な事についてお話ししていきます。


場所はどうやって見つけるのか、開店資金はどうやって借入するのか、内外装の業者はどうやって見つけるのか、宣伝はどうやって行なうのか、焙煎は何処で、どうやって習うのか、インターネット通販はどうしたら良いのか等、必要な事全てについてお答して行きます。


ただ、一回目・二回目ともに、1K釜の豆屋の話が多くなるのが、三年以上前のカフェ講座と全く違う所です。そうした理由もあり、今回は、以前カフェ講座を受けた方の受講がとても多くなっていて、現在11人中、4名様が、以前カフェ講座を受けた事のある方になっています。


そして最後に、豆屋の開店指導についてもお話させて頂きます。開店指導店の現在の動きについても詳しくお話し致します。奈良県香芝市の<にしかぜ珈琲豆店>・中板橋<杉綾珈琲豆店>などの情報もお伝え出来ると思います。


今回の終了後の、懇親会については、女性が多い為、カフェで、コーヒーとケーキで行います。会費は無料です。2回目目の開始時に、出席についてお伺いいたします。
                                 
                                      
            

湯河原(梅まつり)梅の宴へ行ってみました。

2018/02/18
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。


東京は寒いですが、毎日良い天気が続いています。春のカフェ講座はお申込みが続き、すでに10人様の受講が確定しています。後、定員まで、お二人ですので、早目のお申し込みをお勧め致します。開講まで、後、丁度一週間です。


私は風邪をひき、直おらないので。温泉にでも入ったらどうだろう、と思い湯河原温泉に行ってみました。


今は梅林のある所は何処でも梅まつりをやって、熱海でも湯河原でも、梅まつりのシーズンです。旅館で寝ているのも飽きてしまい、湯河原の街の中をぶらぶらしていましたが、ふとみると梅の宴会場行きというバスを見つけ、バスが出そうだったので、急いで乗ってしまいました。


バスはどんどん山を登って行き、15分位で梅園の入り口に付きました。入って行くと係の人がお客さんと話していて『今はまだ三分咲き位です。』という事でした。


IMG_2472.jpg
入り口付近の白梅。これだけ非常によく咲いていました。日当たりが良いのでしょう。


お昼ごろだったので、日差しも強く暖かくなって来て、とても気持ちよくなってきました。入り口付近はまだ、ほんの少ししか咲いていませんが、そこから売店の前を通って上へ上がって行く辺りから、徐々に梅の花が見えてきます。


IMG_2512.jpg
山一面の梅。


思ったより、人も沢山出て来た様で、結構な賑わいです。ここは幕山という山の登山道の一部が梅林になっているのですが、この幕山の景色がとても素敵です。梅も思ったよりうんと咲いています。


何かとても楽しくなってきて、どんどん奥まで行ってしまいました。山の景色がとても良いのです。少し行くと人もだんだん少なくなってきたので、余り、歩いても、風邪をひいた体には良く無いと思い下り始めましたが、気持ちはとてもすっきりしました。


IMG_2502.jpg
幕山にも春が来て。


梅を観に行った時には『もう春が来るのだなあ。』といつも感じます。桜の場合は『もう春が来たのだなあ。』という感じなので、この梅が咲いて、春が来るのだという感じはとても嬉しいものです。年を取ったのです。若い時はそんな事考えてもみませんでした。


今年も又、一年生き延びたというのが正直な感想なのかも知れません。


湯河原の街へ降りて、遅い昼食を取りました。素敵な料理屋さんがあったので、そこで、お刺身と焼き魚を頼み、ビールとぬる燗で一杯やりました。こんな事ばかりしていて風邪が治る訳はありません。


昨日家へ帰りましたが、風邪は一つも良くなっていませんでした。
                                 
                                      
            

カフェ講座に出たいのだが、なかなか東京までは行けないという人の為に。

2018/02/15
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は春の気候になりそうです。東京で15度、神奈川県では18度位という事で3月下旬から、4月上旬の気温になりそうです。


今日は朝メールが届いていました。ホームページからの<ショップお問い合わせ>からで、大阪のKさんからでした。内容はカフェ講座に出席したいが出来ないので、ホームページにある、<コーヒーマイスターへの道>へは、申し込みが可能かというご連絡でした。


<コーヒーマイスターへの道>は2年ほど前、ホームページにアップしました。カフェ講座に出席出来ない遠方のお客様から、いろいろなご意見を頂いていた時で、それを、何とかしたいという事で作ったセットです。


内容はこうなっています。これは基本コースで、その他に器具付きのセットと、器具付き+ミル付きのセットがございます。3か月で1クールとなっております。現在、ホームページ上ではアップした時の日時になっておりますが、いつでもお申し込みになれます。


コーヒーマイスターへの道 【基本コース】の内容


第1回 お申込み時に発送 (10月15日お申込み最終日)
テキスト <美味しいコーヒーの淹れ方> 定価1,080円
珈琲豆1 マンデリンフレンチ(深煎り)200g 定価1,320円
珈琲豆2 ブラジルシティ(中深煎り)200g 定価1,529円
送料:全国一律 432円


第2回 11月1日発送
テキスト <あなたも豆屋を始めませんか。
 パート1・カフェと豆屋の違い> 定価1,080円
珈琲豆1 パプアニューギニアフレンチ(深煎り)200g 定価1,529円
珈琲豆2 コロンビアシティ(中深煎り)200g 定価1,320円
送料:全国一律 432円


第3回 12月1日発送
テキスト <あなたも豆屋を始めませんか。
 パート2・豆屋の作り方> 定価1,080円
珈琲豆1 ガテマラフレンチ(深煎り) 200g 定価1,529円
珈琲豆2 ブラジルピーハイロースト(浅煎り)200g 定価1,377円
送料:全国一律 432円


seminar01_course1.jpg
豆も毎月400g付きます。


遠方の方は、カフェ講座を受講したいと思っても、なかなか受講できるものではありません。その為に、最初に取り組みやすい、カフェ講座の通信教育版となっております。


興味はあるけれど、なかなか東京までは出て来られないという方にはお勧めです。夏には毎年、遠方の方が受けやすい、夏休みの真ん中で3日間の夏のカフェ講座を行っております。


でもそれにもなかなか、出られない、或いは夏まで待てないという方には是非一度、試して頂きたいセットです。
                                 
                                      
            

宣伝はどうやってやるのというご質問に。

2018/02/13
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は良い天気です。暫くはこの良い天気が続くのではないかと思います。ただ、昨日も寒かったです。春が来るまで後一か月だと思いますが、今はまだ我慢するところかも知れません。


昨日は、開店指導の方で春に開店する方に一斉にメールを出しました。日程の調整をするのに確かな日時が知りたかったからです。今朝のYさんのメールで、一応、基本的には、そんなに無理をせず、全ての予定を組めそうです。


学芸大のOさんからは、その前に会って一度、宣伝について聞きたいという事で、明日14日に仙川でお会いします。開店前の宣伝は大事です。如何にお金を掛けずに有効な宣伝が出来るかによって、店の帰趨は決まって来ます。


勿論、それは開店後も続くので、どの位有効な宣伝が出来るかは、その店のこれからを占う様な動きになると思います。お金を掛ければ宣伝は幾らでも出来ますが、そんなことをしていたら小さな店など直ぐに潰れてしまいます。


お金の掛からない事から徐々に考えて行き、仕方が無ければお金が掛かってもそれをやる。という事になるのだと思います。


街にはいろいろな宣伝材料が溢れていて、何から手を付けて行けば良いのか分からないとは思いますが、無料な物はブログ・ホームページ(自分で作ればですが。)から始まって、無料で掲載してくれる新聞のチラシや、雑誌等もあります。ただ、どれも決定的に効くものはありません。結局、それらの物を組み合わせ初期は宣伝していくしかありません。


ただ、豆屋は常連さんをどれだけ作れたかがとても大事になります。一度来店して下さったお客様のお名前・ご住所を頂いておかないと、いつになっても開店当初の初めての宣伝を繰り返すだけになります。


IMG_2361.jpg
中板橋<杉綾珈琲豆店>のお客様カード入れ。小さな店なのですから、こうやって少しづつお客様のお名前と住所を頂いて行きます。


そして、店の一番の宝は、そうやって作っていった、お客様名簿にあると思っています。ただ、それを有効に使えるかは、使う人のセンスによる様な気がします。
                                 
                                      
            

3月の月末から奈良へ行きます。

2018/02/12
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は3連休最後の日です。3連休は店の売り上げを予測するのが難しく、3連休の何処が混むのかなかなか分かりづらいです。今日も天気は良いので、ご来店をお待ちしています。


ここの所は、開店指導を受けている方の入れ替わりが激しくなるところです。これから開店する方達は、ここから一か月位で店での焙煎の練習は終わりにするでしょうし、それに入れ替わる様に、新しい方達が、増えて来ます。


ご来店のお客様も、おや、いつもと顔ぶれが違うぞ。と気づく方もいらっしゃると思いますが、暫くの間、こうした状況は続いて行きます。やはり春は卒業・入学の時期なのかも知れません。


IMG_2097.jpg
去年の秋、奈良へ伺った時の写真です。今回は、まだ桜には早いかと思いますが、春の奈良の風情も楽しんで来ようと思います。


私は3月の最終週に奈良に行きます。4月7日(土)開店の店のマニュアル作りを行う為です。遠方の方は、そうは何回も東京迄、来られないでしょうから、それをどうやって解決するかは、今の私にとっては大きな問題です。


私の考えでは、開店指導の契約後、何回かは東京へ来て頂き、それ以外は、私の行く期間を長く取るという方法です。どちらにしても、マニュアル作りには伺うので、その時間を倍取って、6日間位付きっ切りで教えたらというのが、以前から考えていた方法です。


何回かは、都合の良い時に東京へ来て頂き、店で焙煎の様子を見て頂かなければなりませんが、その時、うちの焙煎はこうやるのだと覚えて頂ければ良いと思っています。そして、開店の準備が整い、焙煎機が入ったら、私が出かけて行き、6日間付きっ切りで練習します。


これで覚えられない事はまずないと思うので、私としては現在的には、奈良のSさんの店はこれで行こうと思っています。もう一件の奈良の店<にしかぜ珈琲豆店>についてはSさんが何度も東京へ来て下さったので、東京の方達と同じように店で覚えて頂き、マニュアル作りも3日で終了しました。


いろいろな方がいて、いろいろな方法で覚えて頂くのが一番良いと思っています。ただ、3月末から4月に掛けては、開店指導を受けている東京の方々の開店も続きますので、その辺りの日程の調整をきちんとしておかなくてはならないと思います。


今は、店は奥さんと・スタッフに任せています。それでも売り上げは一つも減らず、本当にありがたい事です。これも全てお客様のお陰だと思っています。


多分、毎日店へ行っていたらこうした動きは取れなかったと思います。私としては、漸くやりたい事がやれる状況を作れて来たところです。


前回、春のカフェ講座について書きましたが、お申し込み方法を書き忘れました。お申し込みは、南方郵便機のホームページからが一番確実で、受講料のカード払いも使えます。このページの右側にリンクの欄がございます。そこからお申し込み下さい。


後は、tempo@nanpouyuubinki.comへメールで、
或いは店の電話042-335-5292でもお申し込み頂けます。
店のカウンターでも大丈夫です。
                                 
                                      
            

春のカフェ講座の受講者は8名様になりました。

2018/02/10
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は夜、雨の予報ですが、今はまだ良い天気です。ただ、気温は相当上がり、13度位という事ですので、今日・明日は暖かな週末になりそうです。


昨日、春のカフェ講座のお申し込みが2名様からありましたので、現在、受講確定の方が8名様になりました。今回はカフェ講座の開始が、前回カフェ講座の終了から間がありませんでしたので、お申し込みは少ないと思い、再び小さな会場にしましたので、12名様が定員です。


いつも、開始間近のお申し込みが多いので、今回は多分、一杯になってしまうと思います。
今回の特徴は、過去にカフェ講座を受講して下さったお客様が、3名いらっしゃいますので、1K釜の話に興味のある方が多いのではないかと思います。


今年は、これから1K釜のお店が、どんどん増えて来ます。春までに、Oさんの学芸大の店、Hさんの西馬込の店、奈良のSさんの店など3軒が開店準備に入っています。(その他の2軒は1K釜のお店ではありません。)


去年の長野県塩尻市の<クレイシー>・東京立川の<一福>、奈良の<にしかぜ珈琲豆店>等を含めると、数も大分増えて来ます。その後、春後半から、夏に掛けて1K釜の店は、後2軒は開店出来る予定です。


IMG_1521.jpg
中板橋<杉綾珈琲豆店>のMさん。1K釜での焙煎は得意です。


1K釜のお店は有利な事が多いです。開店当初の売れない時期(豆屋は開店してから1年間が大変です。)にも、いつも新鮮な物を販売出来ますし、店に置く豆の数も増やせます。その上、開店資金がうんと掛からなくなりますので、開店出来る方も多くなるのではないかと思います。


IMG_1933.jpg
こちらは奈良の<にしかぜ珈琲豆店>のSさん。開店3か月目ですが、もうすでに良く売れています。


ただ、味は全く心配ありません。3Kや5Kと比べても全く遜色ありません。(勿論、1K釜のきちんとした焙煎マニュアルを持っていればですが。)さらに、上りの量が600g前後ですので、注文による販売も出来ない事はありません。オンデマンドに近い販売形態をとる事も可能ですし、高価な豆や、珍しい豆の販売も可能になります。


ただ、売れて来た時どうするのという問題もありますが、売れて来た時には商売はどうにでもなるものです。又、取り越し苦労ばかりしても、仕方無いのが人生です。その時一番良いと思った業態を何よりも、突き進んでやるしか、仕事が上手くいく道はありません。


もしも、本当に1K釜で焙煎しても、どうにもならない位売れてきたら、新しく3K釜や5K釜の導入を考えれば良いだけです。(お店の大きさだけはどうにもならないので、出来れば、少し余裕のある店舗を借りて置けば問題ありません。)


本当に新鮮で美味しい深煎りのコーヒー豆を、どこにでもある、ごく普通の街で販売する店を作るのはとても面白い仕事になって来ると思います。小さな豆屋は一人で営業出来るのも大きな特徴です。


春のカフェ講座はその辺りを詳しくお話出来ると思います。とても面白い講座です。まだ間に合いますので、早目のお申し込みをお勧めします。