ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

今日は開店指導のお話でRさんとお会いします。

2017/09/19
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


台風は去りました。秋の清々しい空気が、とはちょっと言いにくい気温ですが、風は乾いてきました。日差しは強くても、日陰に入ればとても気持ちの良い日になりそうです。


今日は開店指導のお話で、春のカフェ講座に来て頂いたRさんとお会いします。Rさんは現在お勤めですが、春のカフェ講座で飲んだ当店のコーヒーがとても気に入って下さった様で、ああいう物を売る仕事をしてみたいというお話でした。


オーナーとしてやられる珍しいタイプの開店ですので、私としてもとても興味深いです。勿論焙煎はご自身がまず覚えるのだと思いますが、それから、いろいろ動いて行くのだと思います。ただ、アウトラインは決まっている感じがします。


一昨日、長野県塩尻の<クレイシー>のYさんからメールがあり、一釜だけどうも上手く焙煎出来なかったので、それはどうした訳ですか、というお話でした。丁度、川崎のマンションでのコーヒー教室の日でしたので、その日はご返事せず、翌日電話してみました。


フレンチを焙煎するときの最後の所がおかしかったようですが、聞いてみると、その後のフレンチは2釜とも以前と変わらず焙煎出来ました。という事ですので、大丈夫だと思うよ。と、お話しました。


なかなか、すべての事が上手く説明できる訳ではないですが、それが一度だけの事で、次は以前と同じように焙煎出来るなら、心配はありません。一番怖いのは、そこでいろいろマニュアルをいじってしまい、自分自身が焙煎についてよく分からなくなってしまう事です。

IMG_1543.jpg
1K釜の焙煎は、5K釜と比べると、とてもトリッキーです。自分で焙煎しているという感じは強く持てるかも知れません。


初期の場合はそうした事をやってしまいがちですが、沢山焙煎する中の一つが上手く行かないからといって、そのことの為に、現在上手く行っている焙煎の方法を変えてしまうのはとても怖いと思います。


私も始めの頃、よくそうした事をやりましたが、(私の場合独学ですので、分からなくなった時は大変でした。)それはそれで仕方のない事でしたが、今考えてみるとおかしな事ばかりしていた様な気がします。


勿論、自分の味を作る為には、いろいろマニュアルを弄って行くのですが、それは、上手く行いる時の方が良いのです。上手く行っているときには自分の気持ちも乗っていますし、集中力も上がっています。ただ、上手く行っている時に、マニュアルを動かせるかどうかですが、結果としては、その方が良い様な気がします。
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

マンデリン・コモドドラゴンを焙煎しました。

2017/09/18
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


台風は東京から去りました。素晴らしい好天ですが、ちょっと暑いかも知れません。


店では、新しい豆を販売する為、いろいろ生豆を取り始めています。ただ、焙煎して時間も置き、試飲して見なければならないので、販売はもう少し遅れます。


その中でも、今日はマンデリン・コモドドラゴンのご紹介です。当店のマンデリンは浅いものから、深いもの迄、全てマンデリンG1です。これは現在でも当店では売れ筋のトップを続けています。


ただ、マンデリンG1は深く焙煎した時に、その良さが一番出る様な気がしています。浅い焙煎の物は余り良くない様な気がします。ですから、店ではマンデリンのハイロースト(浅煎り)は販売していません。今回のマンデリン・コモドドラゴンはまだ分かりませんが、浅煎りも美味しくかも知れません。


IMG_0221.jpg
コモドドラゴンの麻袋。世界で一番大きなトカゲだそうです。怖い。(笑い)


フレンチ(深煎り)だけ焙煎して見ましたが、G1とはちょっと感じが違います。凄く濃く出るのは同じですが、コクと甘みが多い様な感じです。どちらが、良いかはお客様に決めて頂くしかありませんので、暫く両方販売してみます。価格は、コモドドラゴンは若干高くなります。


もう一つ、マンデリンカロシも取ってみました。こちらも、新しいマンデリンを焙煎してみたいと思い取ってみました。こちらも順次焙煎して行きます。うちの店はマンデリンがメインですが、今はブラジルが良く売れる様になってきています。
                                 
                                      
            

昨日は川崎のマンションでコーヒー教室をやりました。

2017/09/17
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


昨日は、川崎のマンションでのコーヒー教室でした。朝、早く出かけましたので、ブログはお休みしました。


今日は台風の真っただ中ですが、東京は今のところは静かです。夜は大変そうですが、明日は早い時間に通り過ぎてしまい、仕事への影響は無さそうです。三連休の全ての日に絡むとはなかなか面白い台風です。


店は勿論営業致しますが、途中から酷くなってきたら、閉める事もあるかも知れません。不安な方は、店へ電話で確認してからお出かけ下さい。


昨日は、出張コーヒー教室の一回目で、川崎のマンションで行いました。午前中に一回、午後一回という事で、計28人様の方が受講して下さいました。


巨大マンションで、777戸あるという事で、こういうマンションでは、共有スペースがとても充実しています。昨日のマンションでも集会室も立派な物でとてもやり易かったです。

IMG_1766.jpg
皆さんとても熱心に聞いて下さり。


テキストはいつもの<美味しいコーヒーの淹れ方。>ですので、いつもと同じですが、うちのコーヒー教室は話が長いのが特徴ですので、実際の抽出の前に、コーヒー豆の話、現在の日本のコーヒー界の状況などについてもお話しますので、始めは、お客様は少し驚く様です。


抽出に入ると、大きな一つ穴のペーパードリップでの説明をしながら、抽出し、それを皆さんに飲んで頂きます。その後、全員は時間的に無理なので、4名の方に手を挙げて貰い、その方達に入れて頂きます。淹れ終わった後、それを出来るだけ多くの方に飲んで頂き、同じ豆で、同じ道具で、同じ淹れ方をしても、味がそれぞれ違う事を確認して頂きます。


IMG_1777.jpg
ネルドリップもやります。


その後、私が、ネルドリップをやり、質問を受けて、お答えしてから、最後にカフェオレをやり、終了します。大体2時間半で終わります。豆(粉)が200gついて、テキスト<美味しいコーヒーの淹れ方>が付いて、一人3,240円頂いています。


これから秋ですので、コーヒーの季節が始まります。マンションの集まり、会社の集まり、各種イベントなどにお使い下さい。ご連絡は店の電話・Eメールまで。


来週の日曜は、去年も開講した、稲毛のマンションで<コーヒー教室>を行います。
                                 
                                      
            

メールマガジン<あなたも豆屋を始めませんか。>を発刊します。

2017/09/15
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日から少し涼しい様ですが、明日からはずっと気温が下がる予報です。嬉しいなあー。と思うのですが、残念な事に台風が来てしまいます。なかなか上手くは行かない様です。日曜日の夜ぐらいから東京は酷くなる様で、それまでと、それからに、期待するしかありません。


奈良のSさんは、ここの所、内外装の最後の業者選びに奔走しています。借入金の関係もあり、今月中に決めなければならない様で、今は忙しそうです。


IMG_1695.jpg
百草園の店舗内部。


この間、百草園に一緒に店舗を見に行ったOさんは、連絡があり、取り敢えず百草園の店舗を契約するそうです。まだ12月まではお仕事なのですが、きっと、止めたらすぐに開店したいと思っているのだと思います。凄い覚悟です。止めて少し休んでからという発想が無いのです。こういう人は仕事を上手くやるのでは無いかと思います。


考えてみれば、奈良のSさんも会社を辞めてから、殆ど時間を置かず、店を探し始めました。仕事を始める時は、スピードはとても大事です。もたもたしながら良いお店を作った人など何処にもいません。


店を立ち上げる時は顔色を変えて、店を立ち上げなければ、店などいつになっても出来はしません。大会社を立ち上げる訳でも無いのに、なんでそんなに考える事があるのでしょう。


自分の中に何かはっきりしない事がある時、人は、なかなか動けないものです。そのはっきりしない事は自分の内部にあるわけですから、自分以外にそれを解決できる人はいません。ただ、それを解決しない限り、永遠に、お店をやりたいだけの人になってしまうのです。


秋は、全ての仕事を運んで来ます。来週は、新しいメールマガジン<あなたも豆屋を始めませんか。>を発刊致します。ブログとホームぺージだけで、カフェ講座・開店指導を進めて来た訳ですが、ここで、もう一つ、メールマガジンを加えます。


店の、メールニュースとは別になります。店のメールニュースはそのままお送りいたします。


メールマガジンを、読んでみても良いという方は、メールマガジン希望と書いてお送りください。メールアドレスは
tempo@nanpouyuubinki.comとなります。


もう少しするとホームページにお申込みのバナーを設定致します。そちらからでも大丈夫です。
                                 
                                      
            

マンデリン・コモドドラゴンを焙き始めます。

2017/09/14
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


台風は避けられそうにもありませんが、東京は何となく日曜日は大丈夫そうな気がします。来るのが始めの予報よりは遅くなっているような気がします。月曜日は駄目かも知れませんが、まあ、そうは上手く行かないかも知れません。


IMG_1724.jpg
大桟橋に停泊中の豪華客船。



秋に入る前の最後の暑さが続いていますが、暑さも、又、なかなかしつこい物です。昨日も横浜へ行って見ましたが、日が照りつけていたので、やっぱりまだ大変でした。それでも横浜は随分多くの人が出ていました。


IMG_1715.jpg
赤レンガ倉庫も平日というのに一杯で。


赤レンガ倉庫を見ましたが、別に、どうという事もありませんでしたが、ランチのウニのパスタとグラスのブリュットはたいしたものでした。もう少し気温が下がったら、又、行って見ようと思います。


IMG_1716.jpg
ウニのパスタは絶品でした。


店では秋の仕事に入り、新しい豆を取り始めています。昨日はモカイリガシェフのナチュラルの新しい物を取って焙煎してみました。良いのでは無いかと思います。


今日は、マンデリン・コモド・ドラゴンと、マンデリン・カロシを取ってみました。焙煎して、味見したら、又、ご報告いたします。


秋が来て、新しい豆を焙煎し始めるのは何時もの事です。秋が豆屋の新学期なら、ここで、新しい豆にチャレンジするのも、又、当然の事です。
                                 
                                      
            

FC2ブログ  今日はカフェ講座のご感想 3 となります。

2017/09/13
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は、天気は良さそうです。ただ、まだ、暑くなりそうなのが難点ですが、それももう少しで終わりです。今度の金曜日辺りから気温も下がりそうです。


FullSizeRender.jpg
長野県塩尻市広丘の<クレイシー>。開店してから1か月が過ぎました。1K釜のお店。


今日は夏のカフェ講座を受講して下さつたYさんのご感想です。YさんはH県H市にお勤めで、カフェ講座を受講して下さる前に一度東京で会い、開店指導のお話をしています。


Yさんのご感想


今年の2月に一度、お会いをして、開店指導のお話は伺っていたのですが、今回は都合がつき、カフェ講座に参加させていただきました。


●1日目 カフェと豆屋の違い
カフェと豆屋の違いを中心に日本のコーヒー店の現状、その中で個人で始められる仕事は、といったテーマでした。
具体的な坪数、家賃、投資、損益シミュレーション、営業方法などを知ることができ、非常に参考になりました。
また、高橋さんオススメのカフェも教えていただいたのでぜひ行ってみたいと思います。


●2日目 焙煎と焙煎機、生豆について
具体的な焙煎方法は開店指導でになりますが、基本は誰でも覚えられる、その後も自身の努力次第で味を良くしていける、一方で、おいしいだけではダメでどう売るか=販促も非常に大事、というお話が印象に残りました。


●懇親会
高橋さんが南方郵便機を開店してからのお話や参加者の皆さんのそれぞれの置かれた状況、果ては日本のコーヒー業界の裏話?まで、これがメインじゃないかと思うくらい楽しい、あっと言う間の3時間でした。カフェ講座では初の試み、とのことでしたが、ぜひ次回以降も開催してほしいです。


●3日目 抽出の仕方
テキストは以前いただいていたのですが、文字ではなかなか掴めず、こればかりは実際に目の前で、と思っていました。
抽出方法はカフェで店員さんに聞いたり、本を読んだりして色々と試していたのですが、 講座参加後は、高橋さんの、コーヒーのうまみを余すことなく抽出できる抽出方法で淹れるようになりました。また、この講座参加後には、ネルでの抽出もはじめてみました。


今回、カフェ講座に参加してみて、個人としてコーヒーを生業に生きていく、というイメージがより具体的になりました。ありがとうございました。


諸々の状況が固まりましたら、また開店指導の相談をさせていただけると幸いです。


引き続きよろしくお願い致します。


お忙しいところありがとうございます。
宜しくお願い致します。
                                 
                                      
            

今日はカフェと豆屋の違い 5回目になります。

2017/09/12
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は全国的には大荒れの天候の様です。東京はそうでもない様ですが、余り良い天気という感じではありません。奈良の辺りもひどそうですので、Sさんのお店も心配ですが、まだ、工事に入っていないので、まあ良かったというところです。


今週は、出張コーヒー教室を川崎のマンションでやります。午前と午後の2回で一回14人位のお客様です。来週は、去年やらさせて頂いた、千葉県稲毛のマンションでこちらも同じ様な人数で、同じ様な形で行います。


どちらも、マンションの住人の方達の為のコーヒー教室で、一般の方の参加は出来ません。出張コーヒー教室はいつでも承っております。メール・店の電話等でお問い合わせ下さい。


IMG_1524.jpg
中板橋の<杉綾珈琲豆店>も開店後、10日になります。松橋さんもとても元気です。


今日はカフェと豆屋の違い 5回目になります。豆屋の仕事の特徴となります。


 豆屋の仕事としての特徴


1・豆屋は焙煎機によって店の形態は大きく分かれる。(電気の焙煎機・ガスの焙煎機)


2・豆屋は毎月100万円売れるまで一人で出来る。人件費も掛からず、人を雇って営業していく面倒もいらない。


3・仕事は立ち仕事では無いので、お客様の居る時だけ立っていれば良い。


4・豆屋は最初が売れずに大変だが、味を良くしていき、販促をしっかりやれば、3年後にはカフェよりも経営状態は良くなる事が多  い。


5・開店時の資金は、設備費が掛かるので、多少掛かるが、店舗取得費や、内外装費は意外と掛からない事が多い。1K釜の店に すれば、設備費のコストも下げる事が出来る。


6・焙煎は当店の開店指導を受けた場合は、必ず出来る様になるが、その後も、自分の研究次第で、幾らでも美味しくしていける。


という条件がカフェと大きく違います。カフェ講座を受講されたお客様が、始めはどちらと決まっていなくとも、受講後、豆屋に気持ちが傾いて行くのは、以上の様な理由があるからだと思います。


多分、考え方としては、少しだけ飲ませる場所を付けたいと考える人も多いのだと思いますが、3年経てば、豆屋だけをやっているのと殆ど同じ売り上げになってしまう場合が多いです。その方の好き好きもありますが、結局、豆が売れなければ仕事としては続けていけないので、余りお勧め出来る形ではありません。
                                 
                                      
            

今日は夏のカフェ講座のご感想です。Kさんからのご感想。

2017/09/11
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は好天です。水曜まではまだまだ暑そうですが、木曜日頃から気温も下がって来そうです。


今日は、Kさんの、夏のカフェ講座のご感想をアップさせて頂きます。カフェと豆屋の違いは、明日以降に続きます。


まずKさんのご感想です。KさんはN県N市にお住まいで、以前のカフェ講座にも出席して下さり、その時も、ご感想を頂いています。今回も気持ちよく感想をお送りいただきありがとうございます。


Kさんのご感想


南方郵便機 髙橋 様


カフェ講座では大変お世話になりました。お役に立てる内容になるか分かりませんが、自分が感じたこと等書いてみようと思います。

個人的には今年の2月のカフェ講座を含め2回目の参加でした。(地方からです。)自分の今後の生き方、働き方をどうすれば良いのか?どうしたいのか?という思いと親の病と介護のことでどうしていけば良いのだろうという状況で模索をしている中、開店指導を受けられたお店からのリンクで南方郵便機の情報を知ったと記憶しています。


珈琲も好きなものの一つですが、凝り性の方だとは思いますが、ハマった歴はすごく長い訳でもなく、もっとこだわっている方からすればほどほどだと思います。ただ、自分の仕事を何か創れないものかと思う中で珈琲にもその可能性を見ていたといったところでしょうか。


やはり1度目よりも2度目の方が理解度も上がりますし、その都度社会情勢も含め新しい情報、現在受けられている開店指導店の情報等も聞けますし、一番感じるのは生きた話であることだと思います。


長年営業してこられた店主の話を教えてくれることはそう無いと思います。(時にはかなり突っ込んだことも)自営業、商いを個人でどう成立させていくの かという現実の話、その怖さも感じますし反面とても面白いこととも感じます。私自身はまだやるやらないは半々なような気持ちですが、(本音はやりたい!がほとんどな気もします。)簡単に諦めたくないなと思っています。


ほぼ個人の思いを書き出しただけになってしまいましたが、<カフェ講座>感想とさせて頂きます。

ありがとうございます。 今後とも宜しくお願い致します。

カフェ講座のご感想はまだ、頂いておりますので、順々にアップさせて頂きます。

IMG_1580.jpg
カフェ講座終了後から、一か月近く経ちました。そろそろ次回の予定を立てなければと思います。
                                 
                                      
            

今日はカフェと豆屋の違いの4回目です。ガスの焙煎機を使ったお店。

2017/09/10
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


昨日は、先日お話した、開店指導を受けているOさんのお店の物件を見に、京王線の百草園まで行きました。百草園から徒歩数分の所です。百草園はうちの奥さんの母親が介護施設に入っていた場所なので、何度も行った事があります。


2時に会って、物件を見ましたが、流石に人通りが少なく、どうでしょう。という感じでした。Oさんは気にいっているようで、人通りの件についてはそれ程気にしている様子はありませんでした。


まだ、見つけ始めて最初の物件ですので、もう少し探すのだと思いますが、別にそこで出来ない場所というのでは無さそうです。Oさんはそんなに場所に拘っていない様に見えます。自信があるのだと思います。


今日はカフェと豆屋の違いの4回目になります。昨日は電気のお釜のお店の話が中心になりましたが、今日はガスのお釜の話です。勿論業務用の焙煎機も出て来ます。


2・小型のビーンズタイプと呼ばれる焙煎機を使ったお店。


こちらもオンデマンドには変わりは無いのですが、火力はガスコンロなので、電気の焙煎機とは少し違います。ただ、火力に問題があるのは、電気の焙煎機と同じです。こちらは逆に店舗数としては減ってきているお店です。

          
オンデマンドのお店の形は同じでも、こちらは苦労していろいろな焙煎方法を試しているお店が多いと思いますので、それなりに、焙煎技術は向上していく可能性があります。だが、そこまでやるなら、これからお話しする業務用の小型焙煎機で初めから始めた方が良い様な気もします。


3・業務用の焙煎機を使ったお店。


 こちらは、当店(南方郵便機 府中店)と同じタイプのお店です。富士ローヤルやラッキー(ボンマック)或いは、他の会社が製作している業務用焙煎機を使い、豆を焙煎していきます。当店は富士ローヤル・5K・直火という風に分類出来る焙煎機で、一回3.3Kの生豆を焙煎しています。


 当店の開店指導を受けている方は、基本的に1k・3Kから5Kの直火の焙煎機を選ぶのですが、近頃はうちの開店指導を受けている方達の中にも1K釜のお店に興味を持つ方が増えています。焙煎機の会社は、もっと大型の焙煎機を幾つも作っていますが、住宅地・商業地でやるのは、煙や臭いの問題があり、5Kが限界と言われています。


焙煎機について言えば、当店はきちんとした焙煎機なら、何処の会社の物でも大丈夫と言っています。(直火であることが必要ですが。)以前は良く、当店の開店指導の方も、中古の焙煎機を使う方が多かったのは、それは中古の焙煎機が何とか見つかっていたからです。


現在は1K~5Kの中古の焙煎機は海外で(特にアジアで)良い値段で売れる為、日本では殆ど販売されません。


ただ大事なのは、焙煎の方法(マニュアル)なので、焙煎機はきちんとした物であれば、どこの会社の物でも大丈夫です。焙煎の方法は当店の開店指導で覚えられます。開店指導を受けて、焙煎が出来なかった方はいません。当店の焙煎方法は美味しく焙けるけれど、そんなに難しくはありません。


 3K釜か5K釜だと、どうしても、初期の売れない段階で、焙煎した豆が売れずに古くなり、処分しないといけないという事が起こります。ただ、1K釜だと一度に600g(焙煎後)しか焙煎出来ないため、常に鮮度の高い物が売れるのと、古くなった豆を処分する必要が無いという事が挙げられます。又、量が少ないので、女の方でも楽に仕事が出来るという利点もあります。


焙煎機の価格も半分以下になりますし、又、場所によっては消煙機を付けなくとも良いという事になれば、開店時のコストパフォーマンスは馬鹿にならなくなってきます。勿論、店も小さくて済みますし、家賃も違って来るだろうと思っています。


IMG_1544.jpg
杉綾珈琲豆店の富士ローヤル直火1K釜


味は1K釜でも、美味しく焙煎出来ますので、何とかスモールビジネスを立ち上げたいと思う方には最適な条件が揃って来ます。ただ、売れてきた時どうするの、という疑問と、アイスコーヒーリキッドを作る時、等、どうするのという疑問はあるでしょうが、利点も多い様な気がします。

それでは、又、長くなり過ぎましたので、この辺りで終わりにします。次回は、豆屋の仕事ととしてのの特徴になります。
                                 
                                      
            

今日はカフェと豆屋の違いについての三回目です。

2017/09/09
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


天候もだいぶ落ち着いてきました。生活も漸く落ち着いて来て、毎日、朝、家でブログを書いた後、プール→ランチ→シェアオフイス、或いはシェアオフイス→ランチ→プールという風に決まってきました。


このパターンで行けば、仕事は相当捗るはずですが、それが続かないのが私です。直ぐに何処かへ遊びに行きたくなってしまうので、その辺りが難点です。今年の秋こそしぶとく仕事をしたい物です。


今日はカフェと豆屋の違いについての三回目です。昨日はカフェ講座のご感想の為、書けませんでしたが、いろいろな事を書きながら、カフェと豆屋の違いについて、を書き続けて行ければと思っています。


前2回はカフェについての説明を簡単にさせて頂きました。今回から豆屋の説明に入ります。豆屋を焙煎機の種類によって分けて行くととても分かりやすくなる様な気がします。


豆屋はまだまだ個人で開店が可能な業種です。

      
豆屋(自家焙煎コーヒー豆店)は読んで字のごとく、コーヒーの生豆を仕入れ、焙煎し、ビンに入れ販売する仕事です。余りに簡単なので、どう説明していいのか分からない位です。営業を始める時も何の許可もいりません。


ただ、本当に美味しいコーヒー豆を販売する為には、次の3つの事が必要です。一つは、良い生豆の選択・二つ目は適切な焙煎・三つ目は、それをどうやって新鮮なうちに販売出来るかという事です。


そして一番大事な事は、その三つが全て揃っている事です。そのうちどれか一つでも欠けていると、美味しいコーヒー豆は販売出来ません。だから美味しいコーヒー豆を売っているお店はとても少ないのです。


豆は焙煎しなければならないので、まず焙煎機が必要です。焙煎機の種類により豆屋は、幾つかのお店に分ける事が出来ます。


1・電気の焙煎機のお店

 
<トルネード>という名前は知っていますか。これが今一番良く売れている業務用の電気の焙煎機と言われています。大体500g位までを一度に焙煎出来ると言われています。勿論これ以外にも電機の焙煎機は沢山あり、今はそれが結構、盛んです。新しく出来るお店は、電気の焙煎機のお店がとても多くなっています。


電機のお釜(焙煎機)のお店は圧倒的に、オンデマンドのお店が多いです。オンデマンドというのは注文した時、その分だけを焙煎してくれるお店です。お店には、樽や箱や麻袋に入った生豆が並んでおり、それを自分で選び、選んだあと、その場で焙煎してくれるタイプのお店です。


焙煎出来るまで、10分前後掛かりますが、その間、無料か有料かのサービスコーヒーを飲んでいるか、他の物(コーヒー器具や雑誌等)を観ながら時間を潰すのが普通です。慣れて来ると電話で注文しておく事も出来ます。


baisenki.png
これも電気の焙煎機の一つです。これ以外にも電気の焙煎機は本当にいろいろあります。


こう書くと、良い事ずくめの様な気がしてしまいますが、決してそうではありません。電気のお釜は基本的には火力が弱いので、豆を中心から均一にふっくら焙煎する事は出来ないと言われています。


コーヒー豆は、中心から均一に火が通り、良く膨らんで焙煎出来ない限り、本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ないのです。特に煎りの深い、フレンチロースト(深煎り)や、イタリアンロースト(超深煎り)の様な豆は、表面だけが焦げてしまい、深く・濃く・柔らかいという様な、理想的に焙煎された深煎りコーヒー豆は望むべくも無いのです。


そうした意味では、先程説明した、コーヒー豆を販売する為に挙げた3つの事のうち、二つ目の適切な焙煎が出来ないのです。ですから、美味しいコーヒー豆を販売する為の三つの条件が揃うはずがありません。


それでは何故、電気の焙煎機のお店が増えているのでしょう。一つは焙煎技術が要らないからです。豆を秤で計り、設定時間をマニュアルによって決めた後、スイッチを入れれば良いだけですから、生豆と電気の焙煎機さえあれば、明日にでも開店出来るコンセプトのお店です。


しかし、自分が簡単に開店出来るという事は、人も又、簡単に開店出来るという事です。今、電気の焙煎機のお店が急激に増えていますが、とても危うい業態だと思います。


後は、大手の豆店や、パックのコーヒーばかりを飲んでいた人だと、お湯を掛けた時の膨らみ方に驚いてしまい、それだけで良い豆だと思ってしまうからです。新鮮なコーヒー豆が膨らむのは、科学変化ですので、新しければ、どんなに不味いコーヒー豆でも膨らむ事は膨らむのです。コーヒー豆は新鮮でなければなりませんが、ただ新鮮であれば良いわけではありません。


最終的には鮮度だけを売り物にしてやっていくしかない仕事になって行くと思います。


次回はガスのお釜についての説明です。