ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

 昨日はSさんとポイントサービスについてお話しました。

2017/09/30
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


昨日は天候も良く、気温も下がり店は賑わいました。今日・明日は、いよいよ本番の日になります。どの位のお客様が来て下さるかとても楽しみです。秋が始まります。


リキッドは、コロンビアリキッドは売り切れててしまいましたが、ご予約で購入出来ます。新しいマンデリン(コモドドラゴン・マンデリンカロシ)も良く売れていて、セール終了後どれを止めて、どれを残すかの判断が難しい所になりました。


昨日は、奈良のSさんから2度電話がありました。どちらも開店時の宣伝の事でした。2度目の電話は主に、店のサービスカードについてでした。取りあえず当店のサービスカードのやり方を取り入れるのですが、細部について分からない事が多かった様です。


当店では、サービスのポイントカードをご希望のお客様だけ、店でお預かりしています。カードは全部で50個の枠があり、300円お買い上げ毎に一つ押して行き、25個の所でペーパーと、50個の所でお好きな豆200gと交換出来ます。


1430380421079.jpg
ポイントカードはこれです。


50個で終わりになると次のカードに移ります。その時、カードの表紙の文字も、一つ上がります。うちのカードはお名前を書く欄の前に小さな□の囲みがあり、そこに一枚目は南、2枚目は方、3枚目は郵とスタンプを押して行き、5枚全部終わると南・方・郵・便・機と揃う様になっています。


そして、5枚終わったお客様は、特別会員となり、次からカードの色が変わります。ゴールド会員になるのですが、カードの色は黄色にしか見えないので、『イエロー会員じゃあないの。』とよく言われます。(笑い)


とにかく、特別会員になって頂くと、次回から、全ての商品が10%OFFとなります。勿論ポイントも同じ様に付きますので、25個の所でペーパーと、50個の所でお好きな豆200gと交換出来ます。


という2段階になっています。『この上のプラチナ会員は無いの。』とよく聞かれますが、現在のところありません。(笑い)


お客様は来店すると直ぐ、入り口の近い所に置いてあるカードボックスの所へ行き、ご自分のカードを探します。そして買い物が終わると、こちらで押印し、カードはこちらでお預かりします。そして翌朝、スタッフがカードボックスに、あいうえお順にそのカードを戻します。カードをお預かりする時、カードボックスに入っている訳ですから、住所とか個人情報が気になる方が多いと思うので、カードにはお名前だけで結構ですと言っています。ただ、カードが多くなりすぎて、見つかりにくくなっているのが、現在の課題です。


うちのカードは期限が無いのが特徴です。あまり短い期限にすると、却ってお客様に悪い感じしか持って貰えないとは思います。うちの店では10年以上前のカードも持ってきて頂く事もあります。そうした時、こちらはとても嬉しくなります。店を、忘れずにいて下さったのだと思うからです。


ポイントカードはどこでもやっています。でも、それをお客様に本当に喜んで頂く、生きたサービスにする為には、いろいろ考えなければ、効果的なサービスにはなりません。
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

これから開店指導を受けている人達に、1K釜の焙煎を教えます。

2017/09/29
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は、秋らしい一日になりそうです。昨日は大雨でしたが、これで一応終わりかも知れません。ここから秋になり、急速に全ては動いて行くような気がしています。


30%OFFセールは10月1日(日)迄です。秋の一日、ご来店をお待ちしています。


これから、開店指導を受けてくれている方に、1K釜の焙煎を教えて行きます。中板橋の<杉綾珈琲豆店>が、漸く落ち着いて来たので、そこを使わさせて頂こうと思っています。勿論希望者だけになりますが、これから、皆さんの希望を聞き、練習日を設定して行こうと思っています。


当店は、富士ローヤル5K釜ですので、とても安定して焙煎出来ます。多分、小型・中型のお釜では、富士ローヤル5K釜というのはとても安定して焙ける焙煎機なのではないかと思います。


IMG_0188.jpg
当店の5K釜です。この写真では富士ローヤルが泣くかも知れません。


それに比べると、富士ローヤル1K釜はとてもトリッキーな感じのするお釜です。しかし。それも慣れてしまえば、なんという事も無くなります。ただ、ずっと5K釜で練習していた人は、始めはちょっと戸惑うかもしれません。


1K釜でも慣れれば、とても上手に美味しく焙煎出来ます。


IMG_1302.jpg
こちらが塩尻<クレイシー>の富士ローヤル1K釜です。とても綺麗。


うちでは、近頃1K釜を、開店する方達に勧めています。これはカフェ講座に出た方は良く分かっていると思います。初期の頃の豆屋はとても大変です。何故かというと、豆が余ってしまい、古い物を売る可能性が高くなるからです。


その事を考えると1K釜のメリットはとても大きいと思っています。1K釜の場合、うちでは生豆を800g入れて、650gになって上がって来ます。それは200gの袋3個分ですから、古くなる心配は半減します。


更に、それをブレンドにも使う訳ですから、本当に最少量という事になると思います。問題は3年以上経ち、その小さいお釜ではどうしても焙煎量が足りなくなった時です。


でもそれだけ売れていれば、大きなお釜に買い替える事は出来ます。ただ、余り小さなお店だと、それが出来なくなる可能性はあります。5K釜が入る大きさの場所を確保しておけば問題ありません。


焙煎機そのものは、現在の日本の状態であれば、いつでも中古販売することが可能です。
                                 
                                      
            

開店指導を受けて開店しない人はいるの。

2017/09/28
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は、関東は豪雨です。特に海沿いが酷い様で、千葉県・神奈川県は大変そうです。東京は今のところたいした事はありません。ただ、今日一杯は不安定な天気です。


今日でメールセール30%OFFセールは終わります。ご注文をお待ちしています。


開店指導を受けて開店しない人はいるの。というご質問を、開店指導を受けようと思っている方から良くされるのですが。勿論、開店指導を受けた方全員がお店を作る訳でも、作れる訳でもありません。


ただ、90%以上の方はお店を作ります。今日は豆屋を作らなかったNさんの事について書いてみます。Nさんは、カフェ講座受講後、開店指導を受けて、店で焙煎を習っていました。


一年位経ったとき、店を探し始めたのですが、なかなか思う通りの店舗が見つからず、私も何度か一緒に見にいったのですが、見に行った店舗が、いろいろな条件で借りられず、ちょっと困ったなと思っていました。


2、3か月連絡が途絶え、心配していたのですが、今年の夏、突然、店へリキッドの注文があり、それが、本数も多く、全くご自宅とは違う場所だったので、驚きました。直ぐに携帯に電話してみましたが、元気な声で仕事を始めました。という事でした。


豆屋なら当然いろいろ、相談が有る筈なので、何のお店と聞いたのですが、Nさんは『占いの仕事です。』と言ったので更に驚きました。Nさんは千歳烏山に<占いの館>というのを作ったのです。


私は唖然として、『占いは出来るの。』と聞いたのですが、『若い頃からずっと勉強していて、いつかそれを仕事にしてみたかった。』という事でした。まだ、店は完成していない時期だったので、『店が出来たら一度伺います。』と言って電話を切ったのですが、それから、一月ほど経ち、店は出来た様なので、電話して伺いました。


店は、千歳烏山から徒歩5分は掛からない、賑やかな所の地下の店舗でした。予約しておいたので、直ぐに観て貰いましたが、占いは四柱推命では無く、高島易断に近いものの様でした。私も今年、来年の運勢を観て貰いました。結果は内緒ですが、(笑い)納得の行く物でした。


その後、うちのコーヒーを出してくれて、2人でいろいろ、長い事しゃべりました。


Nさんが言ってくれた言葉が私にはとても嬉しかったです。『豆屋は作れなかったけれど、私は高橋さんにとても感謝しています。自分で店を作り、自分で仕事をしていく事がどういう事かを教えてもらえました。昔からやりたかったこの仕事を始める事が出来たのは開店指導を受けたおかげです。』


私はその言葉を聞いてとても嬉しくなりました。開店指導をやってきて良かったと本当に思いました。人は本当にいろいろで、店を作れないとそのまま、沈んで行ってしまう人も多いと思います。ただ、彼の様に、本当にやりたかった事に更に近づいて行く人もいるのです。

1473319086894.jpg
伊豆の下田。今日はとても大変そうです。


この間、電話した時に、店はちょっと形態を変えるので、暫くお休みし、又、営業します。という事でした。もう再開していると思うので、又、出かけたいと思っています。
                                 
                                      
            

一斉に、開店時の宣伝が始まります。

2017/09/27
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は、昨日より気温も低い様に思えます。秋が直ぐ近くまで来ているのだと思えます。取り敢えず明日、雨が降った後に、更に気温が下がり本格的な秋の到来となるのでしょう。


セールは順調に進んでいますが、メールセール30%OFFの方は明日28日(木)で終わります。店のセールは10月1日(日)まで続きます。ご来店をお待ちしております。


昨日は中板橋の<杉綾珈琲豆店>の松橋さんと、電話でお話しました。もう直ぐ開店一か月になりますが、開店が夏のオフシーズンだったため、まだ宣伝はしていません。それでも、『だんだんお客様は増えて来ているように思えます。』というお話でした。


今年は早く秋が来そう、という事で宣伝の準備は早い方が良いよ。塩尻の<クレイシー>、立川の<一福>さん、等にも言ってきましたが、思ったより気温は下がらず、秋の来るのは例年と同じ感じですが、皆さん、これから一斉に開店の告知とセールを始めるのでは無いかと思います。


IMG_1244.jpg
塩尻<クレイシー>も。


IMG_1399.jpg
立川<一福>も。


IMG_1530.jpg
中板橋の<杉綾珈琲豆店>も、一斉に開店セールを始めます。


宣伝の方法は、と良く聞かれますが、そんな変わった宣伝方法等ある訳は無く、新聞の折り込み、情報誌への掲載、折り込み、ポステイングが主な方法になります。


どれもたいして当てにはならず、しかし、どこの店でも、それしかない訳ですから、それをやりながら、ご来店して頂けた、お客様のお名前とご住所を少しずつ頂いて行くしかありません。


ポスティングは効きません。チラシをポケットティッシュに入れたり、とか細かい事をすることで少しは、部屋まで持っていってもらう事は出来ますが、マンションの場合、その場で、ごみ箱行きななってしまうのが大半です。


あとはチラシの内容です。自分の思いを何とか伝える文章を書けるかどうかが、分かれ道になると思います。価格の割引だけでなく、この先、何をどんな風に売って行きたいのかを魅力的に伝えられれば、お客様にアピール出来るのでは無いかと思います。


豆屋の仕事は、お客様のお名前と住所を集め、ダイレクトメールを出せるようになるまでが大変なので、それが出来る様になると、味さえ良ければ、仕事は何とかやれる様になります。味が駄目な場合は上手くは行きません。味以外、何も無いと思いながらやって行くのがコーヒーの豆屋です。


実は、開店セールまでに集めたお名前とご住所に、開店セールと、時期を同じくしてダイレクトメールをお送りした方が良いとも思います。やる時は、特に初期の場合一度に出来る事全てをやるのが効果的です。


取り敢えず、店が出来た事を、お客様にアピール出来ないと、その後の動きはずっと遅くなると考えられますので、やる時にはやれる事を一度に全部やる位の気持ちでやらないと効果は半減してしまいます。


と言いながらも秋が来ます。秋は豆屋の新学期です。
                                 
                                      
            

FC2ブログ 内外装はどうするの。

2017/09/26
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


home_map.jpg
只今30%OFFセール中です。10月1日(日)迄やってます。


今日は好天で、暑そうです。なかなか秋にはなりません。昨日も結局クーラーが必要な日になりました。木曜日に雨が降った後、秋が来るのかも知れません。


今日は、店を作る時の内外装費のお話です。


この間、Sさんの内装費について、内装はとても安く上がりそうです、と書きました。金額までは失礼になるので、書けませんが、内・外装費は店を作る時、とても大切な、又、お金が沢山かかる部分です。


全てを自分でやる場合は何の問題もありませんが、いざとなると道具もありませんし、難しい問題もいろいろ出て来ます。大抵は内外装の業者さんを頼む事になります。


うちでは、紹介する内外装業者はありません。そうした業者を指定すると必ず、その間におかしな関係が発生し、不分明になるのが分かっているからです。内外装は、私が見ても、どうしてこんないお金が掛かるのというのもあれば、どうしてこんなに安いのというのもあります。


勿論、出来映えもあるのですが、基本的には焙煎機の様な製品と違い、定価はありません。個別に発生する金額ですので、坪幾ら等と言うのは、大まか建前にすぎません。幾ら、内訳の書類を見ても、素人に分かる訳ではありません。


しかし、うちの場合、店をつくる方は、皆素人ですので、結局、良く分からないまま、そこに発注することになってしまいます。


うちでは、今年の春からそれが変わってきました。ネットで業者を探すサイトが見つかったからです。<内外装ドットコム>というサイトですが、ここに自分の条件を書き込む欄があり、そこに条件を書き込んでおくと、その条件でやってみようという業者が連絡してきます。


結構沢山くるようですので、その中から、3,4軒の業者を選び、一軒、一軒会ってお話します。見積書を見ながら、最終的に一軒を選ぶという事になります。


価格は相当違うので、驚くかも知れません。例えば、一軒は470万円、次が240万円、次が170万円という感じです。価格だけではないので、注意が必要ですが、会って、良く話を聞き、その人の、人となりも良く見て、話しをちゃんと聞いてくれそうなところを見つける事が肝心です。


しかし、内・外装の業者を、こちらで選べる状況というのはとても良いのでは無いかとおもっています。


IMG_1524.jpg
中板橋の杉綾珈琲豆店もそうしたサイトを使い業者さんを探しました。


豆屋を作る時には、いろいろな事が必要になって来ます。それら、一つ一つを確実に行えないと、開店出来ないばかりか、開店して、3年で閉店という道が待っている様な気がします。
                                 
                                      
            

昨日は千葉県稲毛のマンションで、<出張コーヒー教室>開催しました。

2017/09/25
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は好天ですが、まだまだちょっと暑いです。すっと、秋にはなかなかなりません。


昨日は千葉県稲毛のマンションで、<出張コーヒー教室>開催しました。2回に分けて行い、午前・午後一回ず開講しました。これで、今年、の出張コーヒー教室の予定は終了しました。


IMG_1772.jpg
大きな一つ穴のドリッパーでの抽出を説明します。


後は冬のカフェ講座の予定を組み、アップしなければと思っているのですが、どうするかまだ、決定には至っておりません。12月に開催するところまでは決まっているのですが、場所、日時、内容が未定ですので、アップは10月半ばになると思います。


昨日の<出張コーヒー教室>を、開店指導を受けている、Oさんに手伝ってもらいましたが、帰りに新宿でビール屋さんへ入りいろいろ話ました。先日の百草園の物件は、やはり無理があったようで、もう一度最初から探します。というお話でした。


私も、その方が良いと思うよ。と、お答えしておきました。ちょっと町が小さい感じがしましたので、仕事を大きくしていくのは、なかなか難しい場所の様に思えました。まだ、会社にお勤めなので、急ぐ事はないですが、出来るだけ良い店舗を探すお手伝いはしたいと思っています。


home_map.jpg
店はここにあります。ルミエール府中のある桜通りに面しています。


店のセールは3日目で、昨日も沢山のお客様に来て頂き、とても嬉しいです。お給料日の前の土・日でしたので、売り上げは伸びないかと思いましたが、そんな事も無く、常連さんが沢山来てくれる週末になりました。


セールはまだ、まるまる一週間続きます。10月1日(日)までやっております。本格的なコーヒーの季節になってきました、ご来店をお待ちしております。
                                 
                                      
            

店のセールはマンデリンが9種類で、これがメインです。

2017/09/23
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は気温が下がりました。雨も朝止みました。今は、晴れて来ています。何か良い感じがします。昨日から<秋の初めの30%OFFセール>を始めましたが、昨日はまだ、葉書も余り届かず、雨も降っていて、実質的なセールは今日からとなります。


秋の一日、散歩がてらお出かけ下さい。今回はマンデリンを沢山揃えてみました。うちの定番のマンデリンはマンデリンG1ですが、これが、シティロースト・フレンチロースト・イタリアンローストと3種あります。


今回お勧めのマンデリン・コモド・ドラゴンはハイロースト・シティロースト・フレンチローストの3種類です。もう1つの新しいマンデリン、マンデリンカロシも3種類あります。全て合わせると9種類あります。


IMG_0221.jpg
マンデリン・コモド・ドラゴン。コモド島のオオトカゲです。


この9種類のマンデリンを全て続ける訳には行かないと思いますので、セール期間中に何が売れるのかを、良く見ておき、セール終了後、これから先どうするのかを決めて行きたいと思っています。


奈良のSさんはいよいよ、内装業者も決まり、私が考えても、とても安い金額で、内装工事に入る様ですので、10月の終わりには開店していると思います。凄いスピードで、又、力も感じます。店を作る時の力をこれだけ発揮した人も珍しい気がします。


私も10月には奈良に、マニュアル作りに伺う事になると思います。


明日は先週に引き続き、千葉県稲毛のマンションでの出張コーヒー教室になります。開店指導を受けているOさんがスタッフとしてお手伝いしてくれることになっています。


明日は先生ですが、今日は生徒で、インターネット通販の講習会に出かけます。東京の街並みも、これから一番美しいところに入って行きます。
                                 
                                      
            

ブレンドはこうやって作っています。

2017/09/22
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日から店は秋の30%OFFセールです。これから、10月1日(日)まで、いつもの様にセールを行います。常連のお客様には,お葉書が今日届くはずですが,葉書が無くともどなたでも30%OFFになります。


初めて、ご来店のお客様は、店にノートが置いてありますので、ご住所とお名前を書いて行って下されば、次回からお葉書が届く様になります。


さてブログの方は昨日の続きで、『店ではどうやってブレンドをつくっているの。』という話になります。


その前に、こういう話をすると、いつも内側からも、外側からもそんな事を話してしまって良いの、企業秘密ではないの(笑い)、という話が出るのですが、昨日も書いた通り、焙煎している豆が美味しくないのなら、何をどうやって混ぜても同じですし、それが美味しいものなら、他には同じ物は出来ない訳ですから、『全く心配ないよ。』と説明しています。


ブレンドは、2種類以上の豆が混ざっていればブレンドです。日本では(世界は知りませんが、)ブラジルとコロンビアで胴体を作ると良く言うようです。ブラジルとコロンビアで全体の7割を作り、残りの3割の豆で味を付けて行くのが普通だと言われています。


ただ、基本的に同じ焙煎度合いの物で作って行くので、焙煎度合いの違う豆をブレンドする場合は、又、ちょっと違います。日本では、こうしたブレンドは少ないですが、外国のブレンドだと全く色の違う(焙煎度合いの違う)豆を平気でブレンドしているものが多いのも特徴かも知れません。


当店のブレンドだと、<ブレンド夜間飛行>がそれに当たります。フレンチが1、シティが2で作っていますが、半々だと全くフレンチの味になってしまいます。


又、豆の相性もある様な気がします。私は、マンデリンとコロンビアは合わないと思っていますが、人それぞれですので、その辺りは自分でいろいろ飲んで研究するしかありません。


ただ、ブラジルは全てのものに合う様な気がしています。味の柔らかさが、全てを溶かし込むのかも知れません。


IMG_1251.jpg
何でもない、普通の町に、小さな美味しい豆屋を沢山作っていきたい。


ブレンドで、一番良く売れるのは<南方郵便機ブレンド>で、シティローストのブレンドです。ブラジル・コロンビア・ガテマラのシティローストが1対1対1で入っています。本当にどこでも作っているブレンドですが、それだけに、焙煎した豆が美味しくなければ、誰も振り向いてもくれません。


<ヨーロピアンブレンド>は、それが全体的にフレンチローストに移行しただけです。これもブレンドの仕方だけ見れば、ごく普通ですが、私は大好きです。濃く・深く・柔らかいというフレンチの特徴を良く表しているブレンドになります。同じ焙煎度合いの物ですと、ブレンドした物の方が濃くなる様な気はします。


スペシャリティコーヒーの専門店(こんなものがまだあるのかは知りませんが。)農園指定の専門店などは、ブレンドが無いのが普通ですが、普通の町の、普通の豆屋の場合、ブレンドがあった方が、お客様も買いやすく、とっつき易い様な気もします。
                                 
                                      
            

何故ブレンドは必要なの。

2017/09/21
category - コーヒー
                         

ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は、ようやく落ち着いた天気になりました。まだ、日の当たっている所は暑いですが、日陰に入れば、心地よい風が吹いています。朝、仙川のスタバの外の席で、本を読んでいたのですが、気持ちの良い時間でした。秋は急速に近づいて来ています。


開店指導を受けている方達が、自分の店で扱う、豆の種類を考える時、最後に、いつも必ず出て来る質問は、ブレンドをどうするかです。これは、思っているより難しい問題で、何故ブレンドを作るのか、それだから、どんなブレンドを作るのかという問いは、なかなか的確にこたえる事は出来ません。


一番多い間違いは、カフェや喫茶店をやっている人に多いです。安い、美味しくない豆を仕入れているものだから、何とか、それを混ぜて美味しい物を作れないかという考えです。これは、相当おかしな考え方なので、直ぐ答えられます。


『手品では無いのですから、美味しくない豆を幾ら混ぜても美味しくなるはずはありません。』こう書くと、本当にそんな事を聞く人がいるのですか。と言う方もあるでしょうが、私は先日もそういうお客さんに会ったばかりです。


IMG_1651.jpg
美味しくない豆を幾ら混ぜても美味しくはなりません。


コーヒーの事に関しては、手品は余りありません。焙煎する側から言っても、安価な生豆から、美味しいコーヒー豆を焙煎出来る訳はありません。ただ、時々ですが、安価で良い生豆というのはあります。これは見つけたら、大ラッキーですが、いつも大ラッキーを期待して仕事をしていく訳にはいかない訳ですから、余り期待してはいけません。(笑い)


一番まともな、ブレンドを作る理由と言うのは、単品のどんな種類のコーヒー豆も持っていない味を、ブレンドして作りたいから、という事だと思います。だから、一時期良く言われた様に、スペシャリティコーヒーはブレンドしないという説が出来上がったのだと思います。それが、本当に独自の味で、美味しいのなら、ブレンドする必要が無いからです。


しかしスペシャリティコーヒーは現在拡散してしまいました。何がスペシャルティなのか、価格的にも全く分からなくなってしまいました。だから、スペシャリティコーヒーを唱えていた人達も、現在盛んにブレンドを研究しています。


ブレンドが必要かどうかは、結局店主が考えて決めるしかありませんが、ブレンドが無いと豆屋はとてもやりにくいのだという事は言えます。


長くなりすぎましたので、実際うちの店がどんな風にブレンドを作っているかは、明日書かせて頂きます。
                                 
                                      
            

今日は開店指導のお話でRさんとお会いします。

2017/09/19
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


台風は去りました。秋の清々しい空気が、とはちょっと言いにくい気温ですが、風は乾いてきました。日差しは強くても、日陰に入ればとても気持ちの良い日になりそうです。


今日は開店指導のお話で、春のカフェ講座に来て頂いたRさんとお会いします。Rさんは現在お勤めですが、春のカフェ講座で飲んだ当店のコーヒーがとても気に入って下さった様で、ああいう物を売る仕事をしてみたいというお話でした。


オーナーとしてやられる珍しいタイプの開店ですので、私としてもとても興味深いです。勿論焙煎はご自身がまず覚えるのだと思いますが、それから、いろいろ動いて行くのだと思います。ただ、アウトラインは決まっている感じがします。


一昨日、長野県塩尻の<クレイシー>のYさんからメールがあり、一釜だけどうも上手く焙煎出来なかったので、それはどうした訳ですか、というお話でした。丁度、川崎のマンションでのコーヒー教室の日でしたので、その日はご返事せず、翌日電話してみました。


フレンチを焙煎するときの最後の所がおかしかったようですが、聞いてみると、その後のフレンチは2釜とも以前と変わらず焙煎出来ました。という事ですので、大丈夫だと思うよ。と、お話しました。


なかなか、すべての事が上手く説明できる訳ではないですが、それが一度だけの事で、次は以前と同じように焙煎出来るなら、心配はありません。一番怖いのは、そこでいろいろマニュアルをいじってしまい、自分自身が焙煎についてよく分からなくなってしまう事です。

IMG_1543.jpg
1K釜の焙煎は、5K釜と比べると、とてもトリッキーです。自分で焙煎しているという感じは強く持てるかも知れません。


初期の場合はそうした事をやってしまいがちですが、沢山焙煎する中の一つが上手く行かないからといって、そのことの為に、現在上手く行っている焙煎の方法を変えてしまうのはとても怖いと思います。


私も始めの頃、よくそうした事をやりましたが、(私の場合独学ですので、分からなくなった時は大変でした。)それはそれで仕方のない事でしたが、今考えてみるとおかしな事ばかりしていた様な気がします。


勿論、自分の味を作る為には、いろいろマニュアルを弄って行くのですが、それは、上手く行いる時の方が良いのです。上手く行っているときには自分の気持ちも乗っていますし、集中力も上がっています。ただ、上手く行っている時に、マニュアルを動かせるかどうかですが、結果としては、その方が良い様な気がします。