ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

昨日は開店指導のOさんから電話がありました。

2016/11/30
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。


今日は好天ですが、明日は、少し降るかも知れません。ただ、天気予報によれば、降る時間は短いという事ですので、大きな影響はないかも知れません。


昨日はプールから出てみると携帯に電話が入っていました。開店指導のOさんからです。直ぐに電話しましたが、Oさんのお話しは『店舗の契約が終わりました。』という事でした。Oさんは井之頭線永福町の店舗の話が進んでいたのですが、契約には至っていませんでした。


昨日、無事に契約は終了した様なので、後は借入金の問題だけになりましたが、『それも後4日から5日ではっきりします。』というお話しでした。まあ、大丈夫でしょうから、一応これで安心という所です。


後は、焙煎機の発注ですが、こちらはもう見積もりも貰っていて、資金の問題が終われば直ぐに発注できます。現在F社の場合、発注から設置まで1ヶ月半から2ヶ月掛かるのが普通ですので、設置は2月になる予定です。


それまでに内外装が出来上がれば、3月の開店は可能な状態になると思います。2月に開店しても、お客様の気持ちはなかなか動かないでしょうから、3月は、春の開店とすれば一番良い時になると思います。


3月には、井之頭線永福町に新しい小さな豆屋が開店する予定です。宜しくお願い致します。


今日は先日ちょっと触れましたが、松本近郊からYさんが来てくれて、開店指導の契約をする予定です。Yさんのご主人はリンゴ園を経営していて、最終手にはシードルを作りたいという希望だそうです。


泡物の好きな私としては是非飲んでみたいと思っているのですが、丁度、昨日買った雑誌<dancyu>の<わいわいワイン>という特集の中にシードルの事が出ていましたので、今日お知らせしようと思っています。


IMG_0337.jpg
dancyuのワイン特集。



ここ数ヶ月で焙煎を覚え、後は私が出かけて行ってマニュアルを作る予定です。夏に開店出来れば良いとは思っています。
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

POTA PASTA VICTORIA を知っていますか。

2016/11/29
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。


もう11月も今日・明日になりました。大分押し詰まって来ています。今年最後の30%OFFセールは好調で、今日は5日目になります。天気も木曜日以外は持ちそうですので、何とか、頑張りたいところです。


今日は、コーヒーとは関係無いパスタ屋さんの話です。でもカフェをやる人にとって関係の無い飲食店等一つも無いと私は思っています。飲食店が好きな方が、お店を作る時、それは、他の飲食店など興味の無い方が作る飲食店より、何倍も素敵なお店が作れる事は間違いのない事実だと思います。


渋谷の京王井之頭線の井之頭口から、直ぐの所にあるこのパスタ屋さんを見つけたのは今年の夏あたりだと思います。今、スポーツクラブは渋谷へ行っていますので、どうしてもそこでお昼御飯を食べる事が多くなります。


渋谷ですから、イタリアンもパスタ屋さんも沢山あるのですが、私がこの店を最初に見つけたのは商品の陳列棚でした。パスタ屋さんですので、パスタの皿が沢山ありました。値段を見てみると何と380円から、580円位までです。これは面白いと思って階段を上がり2階に行くとカウンター席が10数席並んでいます。

IMG_0056.jpg


更に驚いたのは、2階の入り口の所に食券の自動販売機が置いてあり、そので、食券を買う様になっています。何やらラーメン屋さんと同じスタイルです。でもお店はセンスが良く、イタリアンらしい、とても気持ちの良い内装です。


最初でしたので、一番好きなカルボナーラを頼んだのですが、これが、何ととても素晴らしい味でした。わたしは殆ど一日に一回はパスタを食べるので、ラーメン好きが一日に一回はラーメンを食べるのと似ています。


だから、パスタの味は良く分かると思っていますが、生パスタを使ったこのカルボナーラは、私が今まで食べた中でもベストスリーに入るカルボナーラでした。値段は480円です。味も凄いですが、値段も凄いです。


それからは、スポーツクラブへ行くたびにここへ寄るように様になってしまいました。今では、旨辛アラビアータ(これは何と380円です。)オイルサーデンのパスタ等いろいろ食べますが、勿論どれも美味しいです。

IMG_0061.jpg


私はカフェ講座等でよくお話ししていますが、今、日本では価格の安い物しか売れなくなっています。ただ、安いだけでは駄目なので、商品はちゃんとしたもので、更に魅力がなくてはやれなくなっています。


ユニクロ・サイゼリア皆そうです。例えばカフェをやる時に、何の魅力も、特徴も無いコーヒーを、個人店だから500円と言ってだしていたら、多分最初の3年でやれなくなるのは目に見えています。


商売はますます難しくなり、なかなか素人が参入出来なくなっています。ただ、素人だけが持つフレッシュな目線も勿論ある訳ですが、それは、キチンとした、知識と技術に支えられていなければ意味を持たないと思います。
                                 
                                      
            

今日はウインターギフト20%OFFのお知らせです。

2016/11/28
category - コーヒー
コメント - 0
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
クリックしてね。


今日からは暫く好天が続くという予報ですが、本当なら嬉しいです。セールは今週の日曜日・12月4日迄です。


今日はウインターギフトのご案内です。南方郵便機では、毎年ウインターギフト20%OFFセールをやっています。今年も11月20日前後からダイレクトメールを出し始め、それも殆ど終わりました。


ホームページへのアップが遅れてしまい、ホームページをご覧のお客様にはご迷惑をお掛けしていますが、こちらも間もなくアップされます。今年は少し低価格の物を増やしました。世の中的にそういう雰囲気が強い様な気がしています。野菜が高く、主婦の皆さんはやりくりが大変だと思うのですが、実際お客様も良くそうした事をお話しされます。


2016年 冬 南方郵便機のウインターギフト  今年も全て20%OFF


ウインターギフトセール期間 2015年12月31日迄。


(発送は12月30日午前中のご注文分までとなります。)


送料:A地域: 首都圏(東京、神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県、
群馬県、千葉県、山梨県)は324円(税込み)。

B地域: A地域・C地域を除く全ての地域は648円。(税込み)。

C地域: 北海道・九州・沖縄・各島部は972円(税込み)。

商品価格5,500円以上は送料無料。

お申し込み方法: FAX・お電話・Eメール・お葉書等でお申し込み頂けます。
        
お支払方法:郵便振替(無料)・銀行振込(振込手数料お客様負担)・代引き(324円)

住所: 南方郵便機 府中店 東京都府中市府中町2-20-13 遠藤ビル1階

TEL&FAX: 042-335-5292

(FAXが相手様のお名前・ご住所等、一番確実でございます。)

Eメールアドレス:  tempo@nanpouyuubinki.com

定休日:  なし      営業時間: 午前10時より午後7時まで 



ウインターギフトコーヒー豆 20%OFF                         
          

注:クラフト紙3袋入りセットも、クラフト紙2袋セットも全てアルミ袋の包装に変えられます。 

豆か粉かをご指定下さい。


◎クラフト紙3袋入り箱入りセット 20%OFF   4,450円⇒3,560円(税込み)

IMG_0009.jpg
3袋入りです。


<A1:混合セット>: マンデリンフレンチ 南方郵便機ブレンド ブラジルハイ   

<B1:浅煎りセット>:パプアハイ ブレンドモーニングカフェ ブラジルハイ

<C1:深煎りセット>:マンデリンフレンチ カフェ・グランバルコン パプアフレンチ

<D1:中深煎りセット>:パプアシティ 南方郵便機ブレンド ブラジルシティ

<E1:ブレンドセット>:ヨーロピアンブレンド・南方郵便機ブレンド・ブレンド夜間飛行

<F1:デカフェ入りセット>:メキシコデカフェ マンデリンフレンチ ブレンド夜間飛行


◎クラフト紙2袋入り箱入りセット20%OFF     3,200円⇒2,560円(税込み)

<A2:混合セット> : マンデリンフレンチ 南方郵便機ブレンド   

<B2:浅煎りセット>:パプアニューギニアハイ  モーニングブレンド  

<C2:深煎りセット>: マンデリンフレンチ  カフェ・グランバルコン

<D2:中深煎りセット>: ブラジルシティ  南方郵便機ブレンド

<E1:ブレンドセット>:カフェ・グランバルコン 南方郵便機ブレンド 

<F1:デカフェ入りセット>:メキシコデカフェ ブレンド夜間飛行


◎アルミ袋100g3袋入り紙袋入りセット20%OFF2,200円→1、760円(税込み)

<A1:混合セット>: マンデリンフレンチ 南方郵便機ブレンド ブラジルハイ   

<B1:浅煎りセット>:パプアハイ ブレンドモーニングカフェ ブラジルハイ

<C1:深煎りセット>:マンデリンフレンチ カフェ・グランバルコン パプアフレンチ

<D1:中深煎りセット>:パプアシティ 南方郵便機ブレンド ブラジルシティ

<E1:ブレンドセット>:ヨーロピアンブレンド 南方郵便機ブレンド ブレンド夜間飛行

<F1:デカフェ入りセット>:メキシコデカフェ マンデリンフレンチ ブレンド夜間飛行



ドリップバッグのセット 20%OFF 
     
◎A:ドリップバッグ ギフトケース入り 2種類 ブラジルシティ・
パプアニューギニア        各6パック 計12パック 
20%OFF  2,208円⇒1,766円 (税込)

◎B:ドリップバッグ ギフトケース入り 3種類   モカイリガシフ・
ブラジルシティ・パプアニューギニア 各6パック 計18パック 
    20%OFF  3,150円⇒2,520円(税込)

◎B:ドリップバッグ ギフトケース入り 4種類   モカイリガシフ・
ブラジルシティ・パプアニューギニア・メキシコデカフェ
4種類 各6パック 計24パック 
    20%OFF  4,158円⇒3,326円(税込)

注:ドリップバッグの中身の変更はパプアニューギニアとメキシコデカフェ
  については同じ価格になります。それ以外はご相談下さい。



コロンビアアイスコーヒーリキッドのギフト(箱入り) 20%OFF

3本入り  2,280円⇒1,824円(税込み)

6本入り  4,560円⇒3,648円(税込み)

12本入り  9,120円⇒7,296円(税込み)



ドリップバッグと豆のセット 20%OFF
      
◎A:豆200g+ドリップバッグ3種類6個 ギフトケース入り 
豆:南方郵便機ブレンド+ドリップバッグ(モカイリガシェフ・ブラジルシティ
 ・パプアニューギニア)  3種類 各 2パック 計6パック 

20%OFF  2,586円⇒2,068円 (税込)

◎B:豆200g+ドリップバッグ3種類9個 ギフトケース入り   
豆:南方郵便機ブレンド+(モカイリガシフ・ブラジルシティ
 ・パプアニューギニア)   3種類 各3パック 計9パック 

20%OFF  3,057円⇒2,445円(税込)

◎C:豆200g+ドリップバッグ4種類12個 ギフトケース入り  
豆:南方郵便機ブレンド+モカイリガシフ・ブラジルシティ・
  パプアニューギニア・メキシコデカフェ  4種類 各 3パック 計12パック 
20%OFF  3,561円⇒2,848円(税込)


注1:セットのコーヒー豆につきましては豆か粉かを必ずご指定下さい。

注2:ドリップバッグの中身の変更はパプアニューギニアとメキシコデカフェについて
   は同じ価格になります。それ以外はご相談下さい。

注2:豆についての変更は、南方郵便機ブレンドと同じ価格の物は大丈夫ですが、それ
   以外はご相談下さい。



                                 
                                      
            

開店指導の現在

2016/11/27
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。



昨日は良い天気になりました。店はセール2日目という事もあり、大変賑わいました。金曜・土曜と賑わいましたので、今日も期待したいですが、夕方から天気は崩れて来そうです。早い時間の売り上げがとても大事な日になりそうです。


今日はここの所余り、書いてこなかった開店指導を受けている方の、現在の動きについてです。


Mさんは、その中でも一番早く店を見つけました、京王井之頭線久我山駅徒歩3分といった場所です。良い場所に見つかったのですが、何しろ契約が出来るのが来年3月という条件なので、結構先の様な感じもしますが、その位の時間ですと、準備をやれるだけやっておこうと思えば直ぐに経ってしまいます。


ホームページ・ブログの準備をする。早ければどちらも始めてしまう。店の内外装を徹底して考える。出来れば、ショップカードやポイントカードも作ってしまう。等、考えればきりがないですが、時間を無駄にしない様にすることがとても大切になってきます。


もう一人のOさんは先日、店が決まりました。こちらは同じく京王井之頭線永福町駅から4分位の所です。2階付の面白い物件ですが、こちらの方が開店は早くなりそうで、3月には開店出来るかも知れません。


このお二人は、どちらも1K釜での仕事になります。出来るだけ開店費用掛けを掛けず、初期の段階で古い豆を売らなくても済むように、私の方ではここの所1K釜を進める事が多くなってきています。


勿論、最終判断は自分でする訳で、お釜も1K、3K、5Kといろいろある訳ですが、それぞれに長所・短所があるのは当然です。1K釜の場合それで間に合わなくなったらどうするのという事になると思うのですが、その位売れてくれば仕事としては何でも出来るというのが私の考えです。


『最初から売れた時の心配ばかりしていても仕方ないよ。』と私は考えますが、皆、先の事ばかり考えるのがある種の習慣の様になっています。スモールビジネスとして小さな豆屋をやる訳ですから、今、一番良い方法を選べば問題は無いと考えています。


1K釜での焙煎が上手く出来ないのなら問題ですが、1K釜でも、マニュアルをしっかり作ればきちんと焙煎出来るのは、私も実際やってみた訳ですから、問題無いと思います。

1433468755070.jpg
小さな店といっても出来るまでは大変。でも、それが一番面白い。初台のホサキン工房。


Mさんは小田急相模原沿線に物件を探しているのですが、この間、私も物件を見に行きましたが、なかなかお金も掛かりそうで、難しそうな物件でしたが、今の所まだ決まってはいません。年内には決めたいのでしょうから、私ももう一度お会いして、いろいろお話を聞かなくてはならないと思っています。


もう一人のNさんは、なかなか良い物件に巡り合わず、近頃も、京王井之頭線辺りを良く探しているようですが、決定には至りません。ただ、その辺りは前述のお二人が探し尽くした後ですので、私としては出来るだけ広い範囲を探してみる事をお勧めしています。


Tさんはカフェ付の物件を探していますので、これは、物件探しに難渋しています。15坪前後、1階、駅近等という物件がおいそれと見つかる訳もないので、相当範囲を広げて又、徹底的に探さないと物件は出てこないと思っています。


あとの方達は、いろいろな理由で、多分来春の開店は難しいと考えています。早く開店した方が良いのは当たり前ですが、人それぞれ理由もあり、そうやすやすと開店出来る訳でもありません。


昨日、久しぶりに以前から開店指導のオファーのあった女性からメールがあり、開店指導を受けて下さるという事でした。彼女は長野県松本市付近でやりたい様で、私としてはとても楽しみにしています。
                                 
                                      
            

店では昨日から30%OFFセールです。

2016/11/26
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。


今日は好天です。光が溢れる様に部屋に入って来ます。明日は雨の予報ですので、今日は出掛ける人も多くなりそうです。


昨日から店では、今年最後の30%OFFセールと銘打ち、セールを開始致しました。12月4日、日曜日迄やっております。今回は、水曜日が祝日だったので、セールのお葉書を火曜日に出しました。


その為、一昨日、木曜日には葉書が着いていたようで、昨日からもう店は忙しくなりました。こちらは、まだ昨日は混まないと無いと思っておりましたので、準備も中途半端でご迷惑をお掛けしたかも知れません。この場を借りてお詫び致します。今日は大丈夫です。


セールは、常連さんにはお葉書をお出ししていますが、お葉書等無くても、どなたでも30%OFFになります。店の置台の上にノートが置いてありますので、ご住所とお名前を書いて行って下されば、次回からお葉書をお出し致します。


30%OFFはコーヒー豆だけで、ドリップバッグ、アイスコーヒーリキッド、コーヒー器具等は20%OFFとなっています。ご来店のお客様にウインターギフトのご案内をお渡ししています。

IMG_0257.jpg
ウインターギフトも始まりました。


いよいよ12月も近づいてきました。これから12月4日までは、ただただセールの販売に追われ、それが終わるとウインターギフトが本番を迎えます。そしてそれが終わる頃にはお正月のご自宅用の豆が売れる時期に入ります。


12月は豆屋にとって一番忙しく、又、嬉しい時期でもあります。頑張りたいと思います。
                                 
                                      
            

焙煎について 11 豆はどうやって売って行くの。

2016/11/25
category - コーヒー
コメント - 0
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
クリックしてね。


今日は好天です。道も大丈夫そうなので、出かける人も多くなりそうです。


焙煎について 11 豆はどうやって売って行くの。


昨日はブルーボトルについて書きましたが、今日は小さな豆屋が初期の段階でどうやって売り上げを作って行くのか考えてみたいと思います。昨日まで書いて来たのは、どちらかといえばどういう商品を、どうやって作って行くのかという事についての考え方です。


でも、それだけで店が自然に売れて来るのだと考える人も中にはいるのですが、とんでも無いと、私は思います。この時代にどうやって売って行くかを考えないで、物が売れたら、私だったら逆立ちしてでも(笑い)教えて貰いたいものだと思います。


豆屋はなかなか売れない仕事です。又、売れても客単価はとても低い仕事です。開店時の客単価は大体豆200gの定価に近いのでは無いかと思います。1,200円前後です。客数は店によって違いますが、10人から20人位だと思います。


うちの開店指導の人達を見てみると、地元では無い街で、賃貸物件を借りてやる方が多い訳ですから、最初のお客様はいないと思って始めなければなりません。その時何をするかという事になるのですが、そんなに変わった方法はありません。


まず、来店に特化したホームページを作る。これは通販用では無いのでカート等は勿論、要りません。地図や来店までの道順等を、丁寧に載せるのが基本です。後は当たり前ですが何を幾らで売っているのか、定休日、電話番号等を載せなければなりません。


そして次にブログです。自分の思いが伝わる様に、自分で書かなければ意味がありません。ただ、趣味のブログでは無いですから、基本的には仕事の話を書かなければならないと思います。


そして書き始めたら、基本的には毎日書く事です。それが無理なら毎週決まった回数を書くのが良いと思います。書いたり書かなかったりでは、ブログをやらない方が良い場合もあります。お客様にいい加減な店だと思われてしまうのです。


私はうちの開店指導の人達に『必ず書ける様になるよ。』と言っています。ランニングやウオーキングと同じで毎日やっていれば、必ず書ける様になるのです。


でも、それにどれだけの効果があるのかはなかなか分かりません。結果が出にくいのです。基本的には、どこでもやっているポスティングか、新聞折り込みのチラシを、始めは使う事になります。お客様の名簿がないからです。


前者は、効果がとても薄く、後者はお金が掛かります。その辺りを考えながら宣伝をしていく以外ありません。その時何かサービスを付けるのが良いと思います。そして来店して下さったお客様のお名前とご住所を頂いて行きます。


更にうちの店ではサービスカードを作ります。うちでは、それを店でお預かりしています。お金の掛かる方式等を使う事は必要ないので、ポイントカードとスタンプがあれば大丈夫です。そしてスタンプカードを作って頂いたお客様も、お名前とご住所を頂いて行きます。


そして、それを続けて行き、お客様名簿を増やして行きます。その名簿で初めてダイレクトメールが出せるのです。それでは、ダイレクトメールではどんな事をやるのかという事になりますが、サービスは自分で考えるしかありません。


セールも良し、イベントの宣伝も良し、新しい豆や商品の紹介も良いかも知れません。うちでは基本的にセールをやります。セールについてはいろいろな考え方があり店主の好き嫌いがあると思いますが、私はうちの店がここまでやって来られたのはセールをやって来たからだと思っています。


1472257174016.jpg
缶をサービスするのも良いかも。


セールをやりたくない人の気持ちの中には、一流店にしたい、一流店がそんなにセールをやるものでは無い、という様な、何か可笑しな考え方があるのでは無いかと思います。一流店になんぞなれなくたって、売っている物が一流ならばそれで良いのだと私はいつも思っています。


そいう人に限って店は売れていないのが普通です。何処かで何かの経営書でも読んだのかも知れません。ただ、名簿を作れない豆屋は、何年経っても最初の一年目を繰り返しているのと同じです。ただ、お客様を静かに待っているだけになってしまいます。待たれている方だってたまったものではありません。(笑い)


そうやって、色々な事を繰り返しながら、取り敢えず3年経って名簿の数が500位になれば、何とか豆屋は続けていけるのでは無いかと思います。


こう書いて来ましたが、南方郵便機は、今日から店の30%OFFセールに突入です。今年最後のセールになります。12月4日(日)が最終日です。ウインターギフト20%OFFも同じく開催中です。こちらは12月末日迄です。宜しくお願い致します。
                                 
                                      
            

焙煎について 10 ブルーボトルって何。

2016/11/24
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。


雪は本当に降りました。言っているだけで本当は降らないと何処かで思っていたのですが、雨は雪に変わり、それなりに降りました。今年は、気候が今迄通りには行かないかも知れません。今朝もオフイスへ早くから出かけて、今、戻って来ました。


焙煎について 10 ブルーボトルって何。


このところ大人気で、只今フィバー中のブルーボトルですが、この店はサードウエーブの代表の様に言われていますが、私はとても良いと思っています。豆は他のサードウエーブの店程浅煎りではないですし、きちんと焙煎出来ている様な気がします。


最初に清澄白河のお店に行った時は、エスプレッソを頼んでしまいましたので、ドリップコーヒーの味については分かりませんでしたが、2度目に行った、バスタ新宿の一階では、ブレンドを頼みましたので、一応味は分かったと思っています。


確かに、私などから見れば浅いのですが、豆はキチンと焙煎出来ていて、それなりの浅煎りコーヒーでした。私がサードウエーブの店として知っている、幾つかの店に比べれば、普通のコーヒーに近い浅煎りというイメージでした。


皆さんご存知でしょうが、ジェームスフリーマン氏は東京の自家焙煎珈琲店が大好きという事で、日本に入って来た時再上陸と騒がれたのはその為です。渋谷の<羽當>・今は無き<大坊珈琲店>・銀座<ランブル>等が好きだった様ですが、多分、そのアメリカ的な展開が<ブルーボトル>いう事だったので、その辺りは、コーヒーに対する考え方がとてもしっかりしている様に思えます。


私がいつも言っている、美味しいコ-ヒー豆を売る三つの事、<良質な生豆の選択・適切な焙煎・そして新鮮なうちにそれを販売する>という事が<ブルーボトル>においてはきちんと機能している様に思えます。


さらに、液体としてのコーヒーにとって大切な、<焙きたて・挽きたて・淹れたて>のみたても見事に実現出来ている様な気がします。そうした意味では、私は<ブルーボトル>は単なる流行では無いよと、カフェ講座などでは常に言って来た様な気がします。


<ブルーボトル>は、日本流の素敵だけれど、落ち着く暗い空間を、倉庫の様な明るい空間で、だれでもコーヒーを飲みやすい形に変えて行ったのだと思います。それが自家焙煎コーヒー店のアメリカ流の展開であつたと考えるのはあながち間違いでは無いと思います。


そうした意味では、スタバ等がとても困った立場になったのは実に良く分かります。今回の中目黒コーヒー戦争(私は面白いのでそう呼んでいますが)も、結局、<ブルーボトル>に何とか対抗しなければならなくなったスタバが、焙煎機を付けた、ペーパーでコーヒーを淹れる店を作らなければならなくなった証左なのだと思っています。


IMG_0162.jpg
中目黒駅前にこれから開店するスタバ。



今日もまたまた長くなりました。明日は豆屋の販促の話になります。そこで今回の焙煎については一応完結です。
                                 
                                      
            

焙煎について. 9 コーヒーの流行とは

2016/11/23
category - コーヒー
コメント - 0
                         

クリックしてね。


今日は、雪の前の日の寒さです。明日は日中、雪が降り続き、東京でも5cm位の積雪という事です。テレビの天気予報では、これだけ早い時期に雪が降るのは50何年振りと言っていました。


今日は、朝オフイスに用がありブログを書くのが遅くなってしまいました。


今日は焙煎について 9 コーヒーの流行とは です。


コーヒーにも流行があります。私が始めた27年前は、有機無農薬全盛の時でした。有機無農薬で無ければコーヒーではないという位の勢いでした。ただその頃はいい加減な話が多く、偽物も随分あったという事です。


麻袋を偽造して、そこに普通のコーヒー豆を詰めたり、全く違う商品を有機無農薬だと言って販売したりと、挙げればきりがないのかも知れません。今はそんな事はありません。まず焙煎機自体が有機無農薬の認定を受けていないと、生豆は本当の有機無農薬であっても、有機無農薬の焙き豆として販売出来ません。その位厳しくなっています。


ただ、私はコーヒー豆だけでなく、食材についても余り有機無農薬に興味が無かった位ですので、有機無農薬のコーヒー豆を焙煎してみようとは一度も思いませんでした。


有機無農薬の次に流行ったのが、グルメコーヒーです。美味しいコーヒーをグルメコーヒーとして販売しようと言う物で、意味が良くわかりませんでした。従って、大して広がる事も無く、何となく消えてしまいました。


その次に来たのが、スペシャリティコーヒーです。これはスターバックスが日本に持ち込んだのだと思いますが、いろいろな人が大騒ぎし、結構大きな力を持ったような気がします。スペシャリティコーヒーで無ければコーヒーでない。という雰囲気をとても上手く作れたのかも知れません。


スペシャリティコーヒーは最初の頃、結構厳しい条件があったのかもしれませんが、スペシャリティコーヒーだと認可して貰うのに、結局、多額の経費が掛かり、それが生豆の価格に反映されて、とても高い生豆になってしまうので、次第に名ばかりの物になって行きました。


現地で麻袋にスペシャリティコーヒーと印刷すれば、全てスペシャリティコーヒーになった様な段階が来て、その頃はもう何がスペシャリティで何がスペシャリティで無いのか全く分からなくなって来ました。


うちの店では、スペシャリティをと言って生豆を買った事も、焙き豆を売った事も、一度もありませんが、店内には、スペシャリティコーヒーと銘打った麻袋がゴロゴロころがっていました。その辺りでスペシャリティに終わりが来て、結局、他の豆と差別化出来なくなってしまったのです。


その後に、スペシャリティを使いながら出てきたのが、今流行りのサードウエーブ、超浅焙りです。これは主に雑誌ブルータス等が中心になって、アメリカやヨーロッパの新しい自家焙煎のカフェなどを取り上げながら、若い人を中心に展開して行っていますが、私は、その味については、何か、とても美味しいとものとは思えません。


ヨーロッパの店では、オスロに本店があると言われている、代々木公園にある<フグレン東京>が有名です。ただ、浅い、深いはお客様の嗜好ですから、それはそれで良いのですが、流行だからやっているという限り、それは虚しい仕事になりかねません。


特に、繁華街以外の普通の街で仕事をする場合、豆屋にしろ、カフェにしろ、そんな物は、とてもではないが仕事にはなりません。そんな物を飲みたいと思っている人の居ない所で仕事をしても、店は、多分一年も持たないと思います。変わったコーヒーだという認識が無ければ、仕事として確立しようがないと思っています。


1463096237693.jpg
バスタ新j宿の一階。スタバの新店舗はいつも満員。


そして、当然、話の帰結としてブルーボトルが出て来ます。私は、サードウエーブの代表の様に言われるこのお店が決して嫌ではありません。明日はこのブルーボトルを中心にスターバックスや他の大手コーヒーチェーンの変化についても書いて行きたいと思います。


今日も長いブログになりました。(笑い)
                                 
                                      
            

焙煎について 8 ブルーオーシャンって何!

2016/11/22
category - コーヒー
コメント - 0
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
クリックしてね


今日は地震・津波から始まる一日になってしまいました。毎日細かい雨が降ったり、明後日は11月にも関わらず、雪という予報です。日本の自然環境は相当おかしくなってきているのを感じます。


今日は 焙煎について 8 ブルーオーシャンって何! です。


皆さんは美味しい深煎りのコーヒー豆を売っている自家焙煎珈琲豆店を幾つ知っていますか。多分そんなにご存知ないと思います。実際、自家焙煎のコーヒー豆店で美味しい深煎りコーヒー豆を売っている所はとても少ないと思います。


浅煎りが中心で、中深煎りがせいぜいという所が殆どだと思います。うちは半分以上がフレンチロースト(深煎り)です。場所も山手線の内側などでは無く、京王線府中駅から、7分位歩いた住宅地の中です。


そこで豆屋をやっていても売り上げの中心はフレンチローストです。そしてその形だったからこそ逆にここまでやって来られたのだとよく思います。基本的にコーヒー豆屋をやる人は、お客は深煎りコーヒーなど飲まないと思っている人が多いですし、自分自身も美味しいフレンチコーヒー等飲んだ事がない人が殆どです。


IMG_0202.jpg
コーヒー教室も深煎りコーヒーの美味しさを知って頂く為にはとても大事です。
これは先日、千葉県稲毛市のマンションでやらさせて頂いたコーヒー教室の写真です。



深煎りなど、アイスコーヒーやカフェオレ用の豆だと思っている人が大半です。でもそれは私にとってはとても有難い事実です。お客様は美味しい深煎りのコーヒー豆を探している方が多い訳ですから、そこには仕事を伸ばして行ける条件が揃っていると私は考えています。


アメリカの仕事のやり方の話に、<ブルーオーシャン>・<レッドオーシャン>という言葉があるのを知っていますか、<ブルーオーシャン>は戦いの無い静かな海。<レッドオーシャン>は戦いだらけの血だらけの海です。


日本では、基本的に浅煎りの豆が多い訳ですから、浅煎りの世界では、当然、価格にしろ、販売方法にしろ、激しい戦いが繰り返されています。一方、美味しい深煎りのコーヒー豆を売っている所は圧倒的に少ない訳ですから、ここは、なかなか競争が起こる場所ではありません。


あなたは、競争の多い所で、仕事をしたいですか、それとも競争の少ない場所で仕事をしたいですか、答えは決まっていると思います、誰だって競争の少ない場所で仕事をしたいと思うはずです。


ただ大事なのは、幾ら競争が少なくても、そのコーヒー豆自体が魅力を持っていなければ、その競争にすら加われないという事だと思います。じゃあどうやってそうした豆を作るのか、そこが仕事の中心課題になるはずです。


今日も又、書きすぎて、何故か、パソコンのワードも具合が悪くなってきました。(笑い。)


又、明日に続きます。
                                 
                                      
            

焙煎について 7 焙煎度合いって何。

2016/11/21
category - コーヒー
コメント - 0
                         

にほんブログ村
クリックしてね。


今日も余り天気は良く無い様です。昨日の日曜日の好天はなかなかの物でした。皆さん遊びに出かけてしまうかとも思ったのですが、そうでも無かったようで、店は賑わいました。


今日は、焙煎について 7 焙煎度合についてです。


昨日までに、6回焙煎について書いてきて、この辺りで止めるというのが最初の予定だったのですが、何か書き残した事が余りに多そうで、もう少し書いて行きたいと思います。


焙煎度合についていえば、うちの店は深煎り(フレンチロースト)が圧倒的に多いです。そしてそれが、店の特徴にもなっています。実は、自家焙煎豆店で深煎りが多い店はとても少ないのです。


深煎りの自家焙煎店は都内、特に山手線の内側のネルドリップの自家焙煎コーヒー店に多いと思います。普通の住宅地の中の豆屋には、何故かとても少ない様な気がします。多分お客が少ないと思い、皆、深煎りを焙煎しないのだと思いますが、その辺りの考え方が私とは随分違います。


うちの店は、私自身が深煎りのコーヒーが好きな事もあり、余り美味しく焙煎出来なかった初期の段階から良く深煎りを焙煎していました。美味しくなかったかも知れません。それでもお客様は良くフレンチローストを買って下さいました。


その後、マンデリンフレンチが美味しく焙煎出来たのを契機に深煎りが増えたのですが、それが、そのまま店の看板にもなっています。深煎りは苦いのではなく、深く、濃く、柔らかく、そして本当に美味しく焙煎出来た時には、それに甘みが加わります。その甘みは、浅煎りの甘みとは違うものです。


うちの店が27年間、無事にやってこられたのも、実はこの深煎り(フレンチコーヒー)に理由があるのだと思っています。勿論、中深煎り(シティロースト)、浅煎り(ハイロースト)もありますし、それらも良く売れるのですが、何と言っても深煎りの売り上げにはかないません。


焙煎から、焙煎度合について言えば、深煎りが美味しく焙煎出来るのに、浅煎りは美味しく焙煎出来ないという様な事はあり得ません。焙煎は徐々に浅煎り、中深煎り、深煎りへと進んで行くので、浅煎り、中深煎りが美味しく焙煎出来なければ、深煎りだけが美味しいという様な事は起こりようがないのです。ただ、逆はあると思っています。


1461290699434.jpg
お釜も頑張っています。ご苦労様です。


又、だいぶ長くなってしまいました。明日に続くと致します。