FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。基本的には煎りの深い・フレンチロースト・シティローストを中心に販売しています。

現在はカフェ講座・豆屋の開店指導を沢山行っております。2018年は全国に10軒の開店指導による豆屋が開店いたしました。カフェ講座は季節ごとに開催しておりますが、開店指導のお客様はカフェ講座以外からも沢山オファーがありお会いして、お話ししています。

店のホームページ・電話・或いはEメール等でご連絡頂ければいつでも出かけて行きお話しをさせて頂きます。宜しくお願い致します。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

店では令和ブレンドシリーズ第2弾、<ブレンド 令和の秋>の販売を始めます。

2019/10/18
category - コーヒー
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日も曇りです。午後はだんだん雨になって来るのかも知れません。天気はなかなか回復の兆しを見せませんが、秋はこのまま終わってしまいそうで、後は冬が来るだけです。


メールセールは好調で、昨日も沢山のご返事を頂きました。今回はメールセールに新しいブレンドを投入しました。


IMG_1651_20191018112703459.jpg
これは1K釜でのテスト焙煎です。5K釜の場合はもっと大きな冷却器となります。


春に好評でした、<ブレンド令和の華>の第2弾<ブレンド令和の秋>です。


<ブレンド令和の華>はシティロースト(中深煎り)で、そのスッキリした飲み口と爽やかな香りが特徴でしたが、期間限定発売とした為、7月で販売を終了致しました。


今回の<ブレンド令和の秋>はフレンチロースト(深煎り)のブレンドです。深いコクと柔らかな飲み口が身上です。秋から冬に掛けて、お家でゆっくり飲んで頂くのには最適なブレンドでは無いかと思っております。


こちらも季節限定で2020年2月末日迄の販売となっております。新しいブレンドや豆に付きましては、豆の種類を増やせない為、季節限定、時期限定の物が増えて来ると思っています。


豆屋を始めると直ぐに分かるのですが、ビンにはそれぞれ常連さんが付いており、店としては、それを止めるのは、ちょっと忍びがいたところがあるのです。でも新しいブレンドや新しい豆を焙煎したいと思うのも事実ですので、新しいものはどうしても限定販売となってしいます。


定価は1,529円(税込み)で、店での販売は明日19日からになります。メールセールの方では先行販売しております。


これからダイレクトメールセールも始まります。豆屋の本番は既に始まっています。

                
スポンサーサイト



                
                                      
            

店でも11月からカードを使えます。ビザ・マスターカード・銀嶺だけですが。

2019/10/16
category - コーヒー
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日も東京は傘のマークが出て今は曇りです。天気はなかなか良くはなりません。気温も急激に下がって来ました。春と秋が無く、冬と夏しか無くなるという気候そのままです。


ただ天候はこれから先も変わらないでしょうから、この天候・気候の中で元気に生きて、仕事をしていくしかありません。映画<天気の子>の主人公達はそれを良く知っている様に思えます。人間も自然に適応して生きて行かなければならないのは、他の生き物と何ら変わりません。適応出来ない種は滅びて行くしかないのです。


消費税増税後の売り上げは、どうなのでしょう。他の店の事は良くは分かりませんが、良くなった等という所は少ない気がします。そこへあの巨大台風ですので、日本中、困っている店は多いと思います。


IMG_0483.jpg
店にはいろいろ貼ってあります。前に見えるのがお客様のポイントカードです。


カードを使える店はやはり大手中心で、うちの様な零細商店は、なかなかカードを使えるようになりません。今はペイペイだけが使えますが、それでも、来客数の割にペイペイを使うお客様は多いです。


カードは申し込みが遅れたので、11月には店で使える様になります。ビザ・マスターカード・銀嶺だけですが、少しは良くなるかと思っています。ただ、うちの様な小さな小売店にそんな物が本当に必要なのか、よく考えます。


ザルにゴムひもを付け、そこにお金を入れ、お釣りを出すというのが、こういう小さな店の基本の様にも思うのですが、時代はそんな悠長ではなくなって来ています。中国ではそのザルの代わりをペイペイがしているのでは無いかと思います。


まあ、取り敢えず、何でもやらなければ生き延びて行けないでしょうから、うちの店も11月からカードを利用できます。


店は10月の後半戦に突入です。これから、全てのセールをやっていく事になります。店のセールはまだちょっと先になりますが、メールセールとダイレクトメールのセールを先に始めます。
                                 
                                      
            

店は昨日(13日)から始まりました。

2019/10/14
category - コーヒー
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は小雨が降っています。気温は低いので過ごし易いですが、天気は、好天は続きません。明日も朝・晩は雨の予報です。


巨大・強力な台風19号は、大きな災いを残し去りました。今年は、これで最後の台風になってくれれば良いですが、何とも言えなにところです。


IMG_4818_2019101411415317d.jpg
自然は素敵ですが、素敵だけでは済まない場合も出て来ます。


来年からも、この気候変動は激しくなる事はあっても、急に変わる事は無い様な気がします。皆が都会に逃げる様に集まって来るのも何となくわかる様な気がします。少し前にテレビのコマーシャルで<××××年、地球の人口の○○%は都会で暮らす様になる。>というのがありましたが、決して根拠のない話では無い様な気がします。


昨日もテレビのアナウンサーの質問に答えていた、おじさんが、『日本では若い人がもうこういう仕事になかなか就かなくなっている。先はたいへんな様な気がする。』と話していましたが、そうだろうと思います。台風が来ても、それを片す人がいなくなれば、国土は荒廃していきます。


人口減少が、とても止められる様な状況でない限り、そして、天候異変が終わらない限り、状況は厳しくなっていくのだと思います。そうした仕事に就く人の給料等を余程増やさない限り、そうした仕事に就く人が減るのは、誰が考えてもわかる事です。


店は、11日(金)は午後3時で閉めました。女性スタッフですので、無理は出来ません。12日(土曜日)一日閉店しました。ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。


昨日13日(日)から平常通り営業しています。今日も明日も、小雨交じりかも知れませんが、日差しが暑いよりは反って外は歩きやすいかも知れません。ご来店をお待ちしています。


明日15日は、毎月行っております。ポイント3倍デーです。宜しくお願い致します。
                                 
                                      
            

<開店指導に興味のある方へのお手紙>を作りました。

2019/10/11
category - コーヒー
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日はまだ静かですが、これこそ嵐の前の静けさかも知れません。

店のお客様に読んで頂こうと思い、開店指導に興味のある方へのお手紙というのをつくりました。府中店の他、札幌のイーハートブ珈琲豆店にも置いてもらうつもりです。長くなりますが、読んで下さると嬉しいです。これは最初の導入部だけですので、全体を読んでみたいという方がいらっしゃれば、お手紙をお送り致します。


御住所とお名前を書いてEメールで開店指導のお手紙希望と書いて下れば、4・5日うちに発送します。勿論、無料です。


IMG_20191011_170555 (2)
封筒も作りました。手作りです。


<南方郵便機の開店指導に興味のある方へのお手紙。 >


………あなたは、なぜ店は小さい方が良いか知っていますか。


………なぜ焙煎機は小さい方が良いか知っていますか。


………なぜ煎りの深いコーヒーが良く売れるのか知っていますか。


………なぜインターネットで豆が売れないのか知っていますか。


………なぜカフェが上手く行かないのか知っていますか。


………人生に2つの仕事を持つことの意味を知っていますか。


そうした事の全てにお答えしながら開店指導のご相談を行っております。


こんにちは。

南方郵便機の高橋です。この手紙を取り敢えず手に取って読み始めて下さった方にまず感謝です。


今、日本では社会の構造的な変化が起こり始めています。昔だったら、絶対に潰れないと思っていた大会社が平気で潰れ、絶対大丈夫と思っていた大銀行等も、今はとても仕事を続けるのが難しい状況になって来ています。


支店の多くは淘汰され、人も又、順次整理されて行きます。日本ではエリートと思われていた人達がこうした現状なのですから、他の仕事も多かれ少なかれこうした事態と無縁でいられる訳は無い様な気がします。


更に、日本人の平均寿命はどんどん延びて、数年後には、多分90歳位に手が届いて来るのも確実な事かも知れません。しかし、会社の定年は、幾ら国が声を枯らしてもなかなか伸びないのが実情ではないかと思います。


65歳で会社を辞めて、90歳迄生きるとすると、その25年間は一体どうするのという事になるのでは無いでしょうか。国は先日、生涯で年金以外2,000万円必要という発言をしてしまいましたが、それも、この辺りから出て来ているのでは無いかと思います。


ただ問題はお金だけではありません。むしろ、その25年を、毎日、何をやって生きて行くのかの方がずっと大きな問題かも知れません。仕事が無いのは辛いものです。遊ぶと言ってもそんなに遊んでいられるものでもありません。朝起きてすることが無い、行くところが無いという事位、人にとって辛いものは他に無いかも知れません。


ただ、そうした事態は、定年後よりは、むしろもう少し若い時の方が解決しやすい様にも思います。まだ、体力も気力も充分あるうちに、良い条件で会社を辞める事が出来れば、資金的にも、時間的にも余裕をもって次の人生に挑めるのではないでしょうか。


勿論、定年までお勤めになった後でも、豆屋なら出来ますが、カフェ等の立ち仕事はとても大変になってくると思います。若い頃からやっていた仕事というのは年になっても出来るものですが、年を取ってから、急に立ち仕事(カフェや飲食店)を始めてもなかなか続かないのではと思います。


余り前置きが長くなってもいけませんので、この辺りに致します。


3枚目以降のページに南方郵便機の開店指導についてのお知らせが入っております。


南方郵便機ではカフェ講座を年に3回ほど開講しています。開店指導を受ける方は、そこから半分位と、直に電話やメールで御連絡頂き、お会いして頂く方が半分位いらっしゃいます。私の方はいつでもお会いしてお話ししています。勿論、お会いして、お話しする事自体は全く無料です。興味のある方は、是非一度ご連絡下さい。お待ちしております。


                       南方郵便機 店主  高橋義雄
連絡先

高橋携帯:      090-1853-5226
府中店TEL&FAX:   042-335-5292
Eメール:       tempo@nanpouyuubinki.com

府中店住所:     〒183-0055 東京都府中市府中町2-20-13遠藤ビル1階
                                 
                                      
            

3K釜直火1台とデスカバリーの組み合わせと、1K釜直火1台の案とどちらが良いかという問題になりました。

2019/10/09
category - コーヒー
                         
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです


今日は好天です。明日は夜には雨になり、金曜・土曜は台風の襲来だという事で、どうして3連休の土・日は台風が来るのと思うのですが、仕方ありません。今度の台風は勢力が強そうで心配です。


一昨日の月曜日の夜は、国分寺でHさんご夫婦にお会いしました。もう焙煎を習い始めてから、2ヶ月以上経ちまうので、焙煎の練習は大分進んで来ました。



Hさんは、益子で建物を建てておやりになるという最初からの話でしたので、結構、大事の話です。建物の図面も相当な所まで出来ていて、図面そのものも見せて頂きました。


問題は焙煎機で、いろいろ考えてしまったらしく、富士ローヤルの直火3K釜に富士ローヤルのデスカバリーを1台置く案と、富士ローヤルの直火1K釜を1台置く案と2つの案があったようですが、私としては、1K釜を一台置く案をお勧めしました。


基本的にはどの位売れるのか分からない立地ですので、私としては以下の理由をお話ししました。


1. 初期の頃、3K釜焙煎し、余った豆の廃棄の問題、或いは販売する豆の鮮度の問題。。

2. デスカバリーでどの位美味しく焙煎出来るのか分からないという問題。

3. 3K釜+デスカバリーの価格は1K釜2台を買うよりも、ずっと高くなってしまうという開店時の開店費用の問題。

4. もし本当に1K釜で間に合わなくなったら、3K釜或いは5K釜を、その時点で購入すれば良いのでは無いかというお話しもさせて頂きました。場所はありそうですので、その時は、1K釜は中古で販売すれば良い。もし持っていたければ2台で営業すればよいのではというお話しもさせて頂きました。


IMG_1285_201910091048475db.jpg
塩尻の1K釜。焙煎マニュアルを作りに行った時の写真です。


Hさんの心配は、1K釜はトリッキーだというお話を、初期の段階でさせて頂いた事があるので、それが頭にあり、焙煎が難しいのではないかと思ってしまったのだと思います。確かに5K釜で練習していると、最初、1K釜はとても激しく温度が動きます。初めてお釜に触れる人だとちょっと焙煎は難しいと思ってしまいそうです。


しかし、当店の開店指導を受けている方は、直ぐに慣れてしまいます。5K釜で焙煎の基礎が出来ているからです。


更に、開店時にお釜が店に入った時点で、私が焙煎マニュアルを作りに行きますので、そのマニュアルをノートにとっておき、最初はその通りに焙煎すれば、最初から美味しいものが焙煎焙煎出来ます。


後は、そのマニュアルを変化させていき、自分で一番美味しいと思える焙煎方法に変えていけば良いのです。去年開店した10軒のうち8軒の店は1K釜を導入しました。

そうした意味では1K釜でも味に何等問題はありません。


結局、Hさんも1K釜に決定し、私は内外装の図面を見せて頂きました。工事の開始は来年の半ばになりそうという事で、開店は秋の初めごろになる予定です。建物が建ったら見せて頂く事になっているので、とても楽しみにしています。