ヘッダー画像

プロフィール

nanpou1616

Author:nanpou1616
府中市で27年間、自家焙煎珈琲豆店をやってます。

美味しいコーヒー豆は、良い生豆の選択・適切な焙煎・そしてそれを新鮮なうちに販売するという3つの事が、とても大事です。更にその3つが全て揃っていないと本当に美味しいコーヒー豆は販売出来ません。

当店では、直火5Kの焙煎器で、一釜・一釜丁寧に焙煎したものを、新鮮なうちに販売しております。

又、コーヒー教室・カフェ講座・豆屋の開店指導も随時行っております。

住所:〒183-0055
   東京都府中市府中町2-20-13 
   遠藤ビル1階
TEL&FAX:042-335-5292

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

カテゴリ

    
            

Oさんの店は学芸大前に決まりそうです。

2017/11/20
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


昨日は、家でウインターギフトのダイレクトメールを作っていたためブログは書けませんでした。仕事はとても忙しくなってきています。


一昨日は、午後から開店指導の店舗の見学に行きました。2か所あり、始めに王子へ行き、次に学芸大前へ行きました。2か所とも開店は出来そうな場所でしたが、流石に学芸大前を見た時には、Oさんも気持ちは大きく動いた様で、直ぐに予約の申し込みを入れました。


普通の街でしたら、そんなに良い場所とも思えませんが、学芸大のその場所ですと相当良いのでは無いかと思います。目の前にはバリスタチャンピオンのお店があり、そのお店は<ストリーマーカフェ五本木店>という名前でした。


https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13168558/


本店は渋谷だそうですが。なかなか素敵そうでした。うちの店は基本的には、もっと普通の住宅街等でやる方が多いのですが、今回はどういう訳かOさんがそこを見つけて来ました。家賃は普通の街の店舗と殆ど同じです。


Oさんは若いですが、力もあり、何より素直です。人間としての力がとても強い様に思えます。その激戦地で揉まれながら、必ず良い店を作ると思います。


夜、お酒を飲みながらお祝いをしましたが、これからのOさんの仕事に注目していきたいと思います。


IMG_1950.jpg
<にしかぜ珈琲豆店>の1K釜。学芸大も1K釜のお店になると思います。


一方、奈良の香芝市・下田駅近くの、Sさんのお店も、とても好調です、Sさんの人柄もあるのでしょうが、リピーターの増え方が半端でない様な気がします。こんなにお客がはやく増えてくれれば、豆屋としての初期の問題は解決してしまうと思います。その位、力のあるお店です。


私は明日から、奈良のもう一人のSさんにお会いするため、再び関西に向かいます。少し早く出かけ、関西のコーヒー豆店やカフェを出来るだけ観て来たいと思います。その帰りには、夏のカフェ講座を受講して下さったYさんと広島でお会いします。広島のお店も観て来られればと思います。
                
スポンサーサイト
                
                                      
            

その街で、そこでしか買えない物を売るお店を作りましょう。

2017/11/18
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日は雨が降る予想です。何時から何時までが雨なのか良く分からないのですが、午後は雨の確率が高そうです。


昨日は開店指導のHさんのお店を見に、西馬込迄行きました。西馬込は良く知らなかったのですが、結構変わっています。地下鉄<西馬込駅>の周辺は異常にお店が少なく、少し入っていった住宅地の中に古い商店街が沢山あり、当然その辺りにお店が沢山あります。


更に凄いのは、そうしたお店がどこまでも続いている事です。余り、そうした街は多くない様な気がしますので、かなり珍しい街なのではないかと思います。不動産屋さんの案内で、2つ物件を見せて貰い、私としては、最初の物件が気に入りました。次の物件はちょっと立地している場所に問題があるのでは無いかと思います。


駅から近い物件でも、道路付けが良くないと、お客さんは余りその道を通らないのではないかと思います。道に、歩道が無い、大きな車が沢山通る、店の前に車を置けない、という様な所は、お年寄りや、子供を連れたお母さん等はとても歩くのを嫌がります。


もし歩いていても、出来るだけはやくそこを通り過ぎたいと思うのが普通です。当然、両側の店をゆっくり見ようなどという気持ちにはなかなかなりません。そうした意味では、車があまり通らないゆっくりしたところが良いのではないかと思います。


昨日一軒目に見たお店はそういう場所でした。ただ、古い商店街ですので、周りは当然シャッターが閉まったままのお店が多いです。いわゆる、シャッター通りです。だから、駄目かというとそんな事はありません。


中板橋の<杉綾珈琲豆店>もそうですが、東京の場合、そこに人が住んでいない訳では無く、若い人が居ない訳でもありません。ただ、その商店街に面白いお店が無ければ、だんだんそこを通らなくなるだけです。


しかし、開店してから<杉綾珈琲豆店>には沢山若いお客さんが来店するようになりました。若い人はただその辺りを使わなかっただけなのです。


奈良の<にしかぜ珈琲豆店>もリピーターが増えています。『他の店では買えない物を売っていたらそれは大丈夫だよ。』といつも私は思います。何処にでもある物を売っていたら、大手の量販店にかなう訳はありません。


1510586329937.jpg
開店初日の<にしかぜ珈琲豆店>の店内の様子です.。Sさんが送ってくれました。


自分の店で焙煎した、新鮮で、芯まで、きちんと焙煎出来ている、煎りの深い、美味しいコーヒー豆を普通の街で手に入れる事はなかなか出来ません。そこでしか買えない物を売っていたら、仕事はとても強い物です。
                                 
                                      
            

今年の風邪は変な風邪です。

2017/11/16
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


今日も好天です。寒くなるのかも知れませんが、天気は漸く安心出来る様になって来ました。


風邪が抜けきりません。おかしな風邪でもう二週間以上も風邪をひいています。ところが高熱も出ず、咳も出ず、鼻水も出ず、お腹もおかしくなりません。ただただ、微熱が続き、寝ると寝汗を多量にかきます。なんともおかしな風邪で困っていますが、風邪薬も余り効きません。


仕方が無いので、又、普通に動き始めるのですが、それで良くなる気配もありません。困ったものです。


これから、ウインターギフト、ふるさと納税、年末のセール、と立て続けに仕事が押している上に、開店指導の方もいろいろ動き始め、お客様の店を見に行ったり、再び奈良へ行くなど予定は、異常に詰まっています。


でも開店指導を受けているOさんの風邪とよく似ているので、今年の風邪の特徴かも知れません。風邪の菌も生き延びる為に、長く体内に居られる形に自分をしているのかも知れません。


何とか直すしか無さそうです。いつもの様にプールを歩いてみるかとも思うのですが、荒療治もいいところかも知れないと思うとちょっと怖い気もします。お医者さんへも行ったのですが、熱が本当に微熱なので、大丈夫でしょうという感じでした。


ウインターギフトは間もなく開始いたします。これから印刷に入りますが、今年は定価の安い物を少し増やして行こうかと思っています。お歳暮だけでなく、クリスマスギフトや、お友達へのプレゼントにもお使い下さい。


IMG_0273-2.jpg


ふるさと納税の方も、いよいよ始まるのですが、初めての年なので、どうしたものか、よく分かりません。こちらでも独自に宣伝したりするものなのか、いろいろ担当者の方に聞いてみないといけない気がしています。
                                 
                                      
            

お店新聞11月号発刊しました。

2017/11/15
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


昨日は喜んだ割に天候は悪くなりました。なかなか上手くは行かないものです。今日は大丈夫だと思います。


先月から発行を始めた<南方郵便機 お店新聞>の11月号が出来ましたので、アップさせて頂きます。今回は、コーヒー豆の保存について書きました。保存については一般的な見解と大分異なっているかもしれませんが、店ではいつもこうやって説明しています。


珈琲フレンチ倶楽部  南方郵便機お店新聞2017年11月号


こんにちは、南方郵便機の高橋です。毎週日曜日になると台風が来るという、良く分からない天候が続くうちに10月も終わりました。気づいてみると皆コートを着ていて、今年は、夏→嵐→冬という面白い気候の変化になりました。


私は開店指導のマニュアル作りに奈良へ行き、どうやら無事仕事を終え、帰ってきました。奈良も京都も、人で、一杯で、流石に古都の秋の観光客の凄さは、想像よりも凄いと感じました。


奈良・香芝市の<にしかぜ珈琲豆店>も無事11月11日に開店し、お客様で賑わっています。ここも1K釜のお店で、近鉄下田という駅から。徒歩2分位の場所にあります。お近くの方がいらしたら、ご紹介下さい。



◎今日はコーヒー豆の保存についてのお話です。


コーヒー豆の保存については、いろいろな情報が散乱し、皆さん良く分からなくなっているのでは無いかと思います。一番大切なのは、今までは、古い豆をどうやって保存するかという保存の方法が一般的に言われてきましたので、冷凍保存、冷蔵保存がベストの様に言われてきました。


ところが、自家焙煎コーヒー豆店が増え、今度は焙煎したばかりの豆をどうやって保存するかが問題になって来ています。焙煎したての豆は、どんな深いフレンチロースト(深煎り)でも、どこか軽みがあり、それをどんなに濃く淹れても、何処かに柔らかな美味しさを感じるというふうになっているのだと思います。


冷蔵庫や冷凍庫に入れてしまうと、その柔らかさはたちまち消えてしまいます。ですから、買ってきたばかりの豆を、冷蔵庫や冷凍庫に入れてしまうとたちまち重い味になってしまいます。


ただ、自家焙煎店といってもいろいろなので、取り敢えず、当店で買って下さった豆は(笑い)、瓶や缶に入れて常温でそのまま保存し、10日前後経ったら、冷蔵庫や冷凍庫に入れてしまえば良いのだと思います。

1418905723224 - コピー
お馴染みの当店のストック缶です。


大手のコーヒー豆店の豆は新しい物は殆どありませんので、買ってきたら、そのまま冷蔵庫や冷凍庫に入れてしまえば良いのだと思います。


これから自家焙煎店が増えて来ると思いますがますが、コーヒー豆の保存一つを取っても新しい豆の保存と、古い豆の保存にはこれくらい差があるのです。


◎今年最後のカフェ講座を開催致します。


12月2日土曜日に第一回 カフェと豆屋の違い。
12月9日土曜日に第二回 自分の店を作るには。


場所は新宿キャラメルカフェとなります。
受講料は2日間通し、6,480円、どちらか一日のみ4,320円となります。
詳しくは南方郵便機ホームページ、又は店頭でお尋ね下さい。
                                 
                                      
            

 最初は100gずつお買いになるのが普通です。

2017/11/14
category - コーヒー
                         

にほんブログ村
ブログ村ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると嬉しいです。


なかなか風邪は治りませんが、昨日は一か月に一度のお医者さんに行って見ました。風邪も診てもらったのですが、たいした事はないという事でした。でも今年の風邪は長いです。


昨日は夜、奈良のSさんから電話がありました。エージレスについての質問でしたが、普通の粉にエージレスを入れても大丈夫ですか。というご質問でした。袋についてよく分からなかったので、止めておいた方が良いと思うよ。とお答えしました。


IMG_1938.jpg
<にしかぜ珈琲豆店>の壁に貼られている世界地図。なかなか素敵。


私としては、気になっていた、土・日の売り上げについて聞いてみました。土・日で80人位のご来店という事で、決して悪くはないと私は思いますが、Sさんとしては何となく不満そうでした。


人数よりもむしろ客単価が低いという事なのでしょうが、客単価については、だんだんに増えて行くのが普通です。


毎日飲むようになれば、お客様も100gずつ買いに来るのはだんだん面倒になりますので、量については100gが200gになり、200gが400gになりという風に増えて来ます。それが自然に起こらないとすれば、コーヒー豆の味に問題があるのですが、最初は何しろお客様はその店の味が分からない訳ですから、100gずつというのが普通です。


それは、どの場所でやってもそうですし、どの新しい店でも同じです。初めてやる方は、その事に驚いてしまう人が多いですが、それが、普通である事が分かれば不安は無くなる筈です。


Sさんの店については、宣伝にしても、いろいろ良い話が来ている様で、人一倍頑張っている姿を見れば、人はほっては置けなくなるのだと思います。それが仕事というものです。


日曜日に開店指導のOさんから、店を見に行く電話が入りましたが、余り場所が良くなかった様で、中止になりましたが、Oさんの店舗探しも間断なく続いているようです。


昨日の夕方は、新しく開店指導を受けて下さった、Hさんから電話があり、物件についての質問でした。簡単に説明しましたが、幾つか候補があるようで、金曜日に見に行く事になっています。


Hさんの動きをみていると、とても小気味良いです。まだ、焙煎を始めて2週間しか経っていないのに、もう物件を見つけに動いています。焙煎機を発注してから最低2か月はかかる訳ですから、その間充分練習できます。動きは早い方が仕事は上手く行きます。